アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

佐野 洋子(さのようこ)

佐野 洋子(さのようこ)

1938年中国 北京生まれ。武蔵野美術大学デザイン科卒。「おじさんのかさ」(講談社刊)でサンケイ児童出版文化賞推薦賞を、「わたしのぼうし」(ポプラ社刊)で講談社出版文化賞部門賞を受賞。「だってだってのおばあさん」(フレーベル館刊)などの作品がある。代表作「100万回生きたねこ」は、子どもから大人まで世代を超えて読まれているロングセラーとなっている。

関連するコンテンツ

関連する著者

佐野 洋子(さのようこ)さんの作品ピックアップ

  • 100万回生きたねこ 100万回生きたねこ 作・絵:佐野 洋子
    出版社:講談社
    本体価格:¥1,400+税
    ISBN:9784061272743
    100万回生きたねこの試し読みができます!
    100万回も死んで、100万回も生きたねこがいました。
    王様、船乗り、手品使い、どろぼう、おばあさん、女の子・・・100万人の人がそのねこをかわいがり、100万人の人がそのねこが死んだときに泣きました。あるときねこは誰のねこでもない、のらねこになりました・・・。
  • おじさんのかさ おじさんのかさ 作・絵:佐野 洋子
    出版社:講談社
    本体価格:¥1,400+税
    ISBN:9784061318809
    りっぱなかさがぬれるのがいやで、かさをさそうとしないおじさん。ある雨の日、子どもたちの歌をきいたおじさんは、はじめてかさを広げてみました。すると・・・。
  • だってだってのおばあさん 新装版 だってだってのおばあさん 新装版 作・絵:佐野 洋子
    出版社:フレーベル館
    本体価格:¥1,200+税
    ISBN:9784577036495
    だってわたしはおばあさんだから。それが口ぐせのおばあさん。ある日、おばあさんの99歳の誕生日、ろうそくがたりなくて、おばあさんは5歳になりました。だって、わたしは5歳だもの! 新しい生活がはじまります。
  • ねえとうさん ねえとうさん 作・絵:佐野 洋子
    出版社:小学館
    本体価格:¥1,400+税
    ISBN:9784097273240
    くまの子どもが、久しぶりに帰ってきたお父さんと一緒に出かけ、お父さんの力強さと優しさに気づく、心あたたまる絵本です。
  • わたしのぼうし わたしのぼうし 作・絵:さのようこ
    出版社:ポプラ社
    本体価格:¥1,200+税
    ISBN:9784591004999
    赤い花のついたわたしのお気にいりのぼうし。ところがある日、そのぼうしが汽車のまどからとんでいってしまったのです。
  • おぼえていろよおおきな木 おぼえていろよおおきな木 作・絵:佐野 洋子
    出版社:講談社
    本体価格:¥1,000+税
    ISBN:9784061318847
    失ってはじめて知った、本当に大切なもの。
    じゃまに思っていた木を切り倒して、せいせいするはずが、なんだかさびしい、悲しい。なくしてみてはじめておじさんは自分を支えてくれた木の存在に気づきます。
  • 空とぶライオン 空とぶライオン 作・絵:佐野 洋子
    出版社:講談社
    本体価格:¥1,400+税
    ISBN:9784061318984
    疲れ果てて眠るライオンが今、目覚める。
    毎日空をとんでは、ねこたちにえものをごちそうするライオン。ほんとうはとても疲れていたライオンは、ある日とうとう、空から落ちて動かなくなってしまいます。
  • おれはねこだぜ おれはねこだぜ 作・絵:佐野 洋子
    出版社:講談社
    本体価格:¥1,000+税
    ISBN:9784061318977
    鯖が大好物のねこに、空とぶ鯖の大群が!
    ねこは鯖が大好き。ところがある日、鯖の大群が空をとんでねこに襲いかかってきます。軽いブラックユーモアで大人も子どもも笑える、ナンセンス絵本です。
  • うまれてきた子ども うまれてきた子ども 作・絵:佐野 洋子
    出版社:ポプラ社
    本体価格:¥1,500+税
    ISBN:9784591037515
    おかあさん、やわらかくって、いいにおい。うまれたくなかった子どもは、女の子にであって、おかあさんをしって、うまれることを決心したのでした。
  • さかな1ぴきなまのまま さかな1ぴきなまのまま 作・絵:さのようこ
    出版社:フレーベル館
    本体価格:¥1,000+税
    ISBN:9784577003251
    ある日、おばあさんの家の猫は、友だちをさがしに旅に出ます。旅の中で、ほんとうの友だちについて考えます。そして…。
  • ねこいるといいなあ ねこいるといいなあ 作・絵:佐野 洋子
    出版社:小峰書店
    本体価格:¥1,000+税
    ISBN:9784338060189
    「ねこほしいよう」。わたしは、ねこの絵をかきました。すると、ねこたちは動き出し、部屋中ねこだらけ! 愛らしいねこが画面いっぱいに。
  • 新装版わたし クリスマスツリー 新装版わたし クリスマスツリー 作・絵:佐野 洋子
    出版社:講談社
    本体価格:¥1,600+税
    ISBN:9784061323377
    幸せと生きがいを求めて、もみの木は走った。
    「私はクリスマスツリーになるの」
    一途に思い続けるもみの木。その夢が破れたとき彼女を温かく迎えたのは・・・。
  • あの日の音だよ おばあちゃん あの日の音だよ おばあちゃん 作・絵:佐野 洋子
    出版社:フレーベル館
    本体価格:¥1,200+税
    ISBN:9784577034767
    ふつうのおばさんと ふつうのねこがくらす家に天才のねこがやってきた。そうじもできて、料理もできて、手品もできる。でも・・・
  • おとうさんおはなしして おとうさんおはなしして 作・絵:佐野 洋子
    出版社:理論社
    本体価格:¥1,400+税
    ISBN:9784652200209
    ルルくんはおとうさんに、おはなしをねだると、へんてこなおはなしや、うそかほんとかわからないようなおはなしをしてくれます。

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

92件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  次へ→  最後のページ

表示

  • 佐野洋子の動物ものがたり
  • 講談社青い鳥文庫 吾輩は猫である(上) (新装版)
  • ねこ いると いいなあ
  • ポップアップ とうさんはタツノオトシゴ
  • おとうさんおはなしして
  • ねぼけてなんかいませんよ
  • おいで、もんしろ蝶
  • おばけサーカス
  • 死ぬ気まんまん
  • 佐野洋子対談集 人生のきほん
  • パンツのはきかた
  • 役にたたない日々
  • こぶたのむぎわらぼうし
  • あの庭の扉をあけたとき
  • だってだってのおばあさん 新装版
  • シズコさん
  • さかな1ぴきなまのまま
  • あの日の音だよ おばあちゃん
  • もうねむたくてねむたくて
  • サンタクロースはおばあさん
  • かっぱのサルマタ
  • 新装版わたし クリスマスツリー
  • 大判 ゆかいなゆうびんやさんのクリスマス
  • まるでてんですみません
  • とうさんはタツノオトシゴ

92件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  次へ→  最後のページ

佐野 洋子(さのようこ)さんの作品のみんなの声

  • 憧れてほしい!

    三歳の子供がこの絵本読みたい!ともってきたので、一緒に読みました。お父さんに憧れる子どものくまさん!こんな風に憧れてお父さんを見てくれたらいいなぁと思いました。子どもは、最後のホットケーキの枚数を嬉し・・・続きを読む

  • 応援したくなる!!

    ちょっとレトロ感を感じる絵だと思ったら。1984年の初版の絵本なんですね。 環境は決して裕福とは言えない、女3世代のみで住む、きっと複雑なご事情がある。 けれど、大事に大事にお金を貯めてほしいもの・・・続きを読む

  • 学んでいきたい

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子4歳

    「かあさんのいす」を読んでいたので、 余計にローザの気持ちがよく伝わってきました。 子どもは素直で正直なのでお店に行くと なんでも欲しくなります。 でも、安易に買ったものはすぐに飽きること・・・続きを読む

  • お星さまとお月さま。

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳

    エリック・カールの「パパ、おつきさまとって」と似ているので、こちらの絵本が好きなお子さんは、ぜひ両方読んでほしいと思います。 まだ娘はお星様を一人で描くことが出来ないですが、星の書き方が絵本の中・・・続きを読む

  • こんなおばあちゃんいいなぁ

    歳を重ねる度に、つい大人だからね!と子供から一緒にしようと言われたことも、しない事が…でも、この絵本を読んでみて、子供と一緒に遊ぶことは自分のためにも大切だなぁと思いました。 おばあちゃんのように、・・・続きを読む


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その7

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット