新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

枇谷 玲子(ひだにれいこ)

枇谷 玲子(ひだにれいこ)

1980年、富山県生まれ。 2003年、デンマーク教育大学児童文学センターに留学(学位未取得)。 2005 年、大阪外国語大学(現大阪大学)卒業。 在学中の2005年に翻訳家デビュー。北欧の児童書などの紹介に注力している。 主な訳書に、『キュッパのはくぶつかん』(福音館書店)、『カンヴァスの向こう側』(評論社)、『自分で考えよ う─世界を知るための哲学入門』(晶文社)などがある。

お気に入りの作家に追加する

枇谷 玲子さんの作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

18件見つかりました

表示

絵本ナビオリジナルの人気ランキング。
評価・レビュー数・絵本ナビでの売上・専門家の評価をもとに総合的に算出しています。

プレミアムサービスへのご登録で、
人気順ランキングをご利用いただけます。

プレミアムサービスに登録する

枇谷玲子さんの作品のみんなの声


ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

全ページためしよみ
年齢別絵本セット