アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

加藤 休ミ(かとうやすみ)

加藤 休ミ(かとうやすみ)

1976年、北海道釧路市出身。クレヨン 画家、絵本作家。クレヨンとクレパスを用いた独特の画法と迫力あるタッチで、ノスタルジックな情景や滑稽味のある人物画や、なかでも食べ物を描いた作品は定評がある。2010年から築地、西荻窪、北海道立釧路芸術館にて展覧会「魚展」開催。絵本に『ともだちやま』(ビリケン出版)、『きょうのごはん』(偕成社)、『りきしのほし』(イースト・プレス)、『おさかないちば』(講談社)、『かんなじじおどり』(BL出版)、『いっすんこじろう』(文・内田麟太郎/WAEV出版)、『ながしまのまんげつ』(原作 林家彦いち/小学館)など。

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

16件見つかりました

表示

  • てんぐ
  • おいしくたべる(こどものための実用シリーズ)
  • いのちのたべもの
  • ぼーると ぼくと くも
  • たぬきのひみつ
  • ながしまのまんげつ
  • ケンガイにっ!
  • いっすんこじろう 妖怪キリナシ退治の巻
  • ねっけつ! 怪談部
  • かんなじじおどり
  • おさかないちば
  • りきしのほし
  • きょうのごはん
  • ともだちやま
  • 日本の昔話えほん 1 ももたろう
  • つくってあそぼう 34  キムチの絵本

16件見つかりました

加藤 休ミ(かとうやすみ)さんの作品のみんなの声

  • 「秘密」の部分の出し方がいい!

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子24歳、女の子19歳

    ありえないことなんですが、加藤休ミさんが描くと、なんだかほんとに見えてくる、そんな絵本でした。 それぞれの動物の「秘密」の部分の出し方がすごくいいんですよー。 個人的にはアヒルのくちばしがよかった・・・続きを読む

  • 秘密の暴露!

    たぬきの秘密を、 「だれにも いっちゃいけないよ。」 でしたが、みんな秘密があるようですね(笑) リスのしっぽ・・・・・・エビフライ あひるのくちばし・・・・・カステラ ・・・続きを読む

  • 「天狗にされなくて よかったの」

    お寺には、本堂の暗がりに、木で出来た天狗の像がありました。 奇妙なことに、紐で縛られています。 「これは、悪い天狗でな。わしが、ほうりきで、木に変えたのだ。 決して、その紐を解いては・・・続きを読む

  • 元気になりました

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子4歳

    高熱が出て、水分しか取らなかった 幼稚園を休んでいた息子が 絵本を読んでと消え入りそうな声で言うので 短めなお話ならいいかなとこの話を読みました。 そうすると、たぬきや他の動物の秘密が出て・・・続きを読む

  • 寄せ鍋の食材から考える命

    中川ひろたかさんが軽快につむぐ、 寄せ鍋の食材から考える命、でしょうか。 主人公の男の子がお母さんと一緒に寄せ鍋の食材を買い物、 という訳ですね。 お母さんにメモを渡され、お母さんが郵便局の用・・・続きを読む


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その4

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

全ページためしよみ
年齢別絵本セット