新刊
ワニのガルド

ワニのガルド(偕成社)

おーなり由子が描く、さびしい人だけに見えるワニと女の子のお話。

  • ためしよみ
ハンス・クリスチャン・アンデルセン(Hans Christian Andersen)

ハンス・クリスチャン・アンデルセン(Hans Christian Andersen)

1805年デンマ-ク・オーデンセ生まれ。貧しい靴屋に生まれ、14歳でオペラ歌手を志しコベンハーゲンに行くも挫折。政治家の助けによリ大学に入学し、哲学などを学んだ。その後、小説『即興詩人』を発表し、『みにくいあひるの子』 『人魚短』 『マッチ売りの少女』など約160篇の童話を残した。 『雪の女王』は1844年の作品。生涯独身のまま70歳で亡くなり、 その葬儀にはデンマークの王太子も参列した。

お気に入りの作家に追加する

ハンス・クリスチャン・アンデルセンさんに関連する著者

ハンス・クリスチャン・アンデルセンさんの作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

139件見つかりました

最初のページ ←戻る 2  3  4  5  6  次へ→  最後のページ

表示

雪の女王

雪の女王

作:アンデルセン  訳:木村由利子  絵:朝比奈かおる  出版社:偕成社  税込価格:¥1,100  
発行日:2005年04月04日  ISBN:9784035165002
雪の女王

雪の女王

原作:ハンス・クリスチャン・アンデルセン  イラスト:もずねこ  出版社:TOブックス  税込価格:¥1,980  
発行日:2014年11月30日  ISBN:9784864723121
雪の女王 アンデルセン童話集

雪の女王 アンデルセン童話集

著:アンデルセン  訳:山室 静  出版社:KADOKAWA  税込価格:¥704  
発行日:2019年09月21日  ISBN:9784041086209
妖精が丘

妖精が丘

絵:エマ・チチェスター・クラーク  訳:せな あいこ  原作:アンデルセン  再話:ナオミ・ルイス  出版社:評論社  税込価格:¥1,650  
発行日:2005年12月  ISBN:9784566013650
絵のない絵本

絵のない絵本

作:アンデルセン  絵:いわさき ちひろ  訳:山室 静  出版社:童心社  税込価格:¥1,540  
発行日:1966年  ISBN:9784494021017
人魚ひめ

人魚ひめ

絵:ヨゼフ・パレチェク  原作:ハンス・クリスチャン・アンデルセン  出版社:MKインターナショナル  税込価格:¥1,870  
発行日:2005年  ISBN:9784903117010
人魚姫

人魚姫

作:アンデルセン  絵:永田 萌  訳:若谷 和子  出版社:世界文化社  税込価格:¥1,602  
発行日:1995年  ISBN:9784418958078
人魚姫

人魚姫

作:アンデルセン  絵:清川 あさみ  訳:金原 瑞人  出版社:リトルモア  税込価格:¥2,200  
発行日:2007年07月  ISBN:9784898152126
人魚姫

人魚姫

作:アンデルセン  絵・訳:石倉 欣二  出版社:小峰書店  税込価格:¥1,540  
発行日:1998年  ISBN:9784338081351
世界の名作17 アンデルセン童話

世界の名作17 アンデルセン童話

絵:こみねゆら  訳:木村由利子  原作:ハンス・クリスチャン・アンデルセン  出版社:小学館  税込価格:¥1,760  
発行日:1999年  ISBN:9784092500174
雪の女王

雪の女王

原作:アンデルセン  文:ナオミ・ルイス  絵:エロール・ル・カイン  出版社:ほるぷ出版  税込価格:¥1,980  
発行日:1981年  ISBN:9784593501427
雪の女王

雪の女王

作:アンデルセン  絵:ラース・ボー  訳:大塚 勇三  出版社:福音館書店  税込価格:¥1,760  
発行日:1979年  ISBN:9784834020298
雪の女王

雪の女王

作:アンデルセン  絵:永田 萌  訳:若谷 和子  出版社:世界文化社  税込価格:¥1,650  
発行日:2005年  ISBN:9784418058136
白鳥

白鳥

作:アンデルセン  絵:マーシャ・ブラウン  訳:松岡 享子  出版社:福音館書店  税込価格:¥1,650  
発行日:1967年  ISBN:9784834011494

139件見つかりました

最初のページ ←戻る 2  3  4  5  6  次へ→  最後のページ

ハンス・クリスチャン・アンデルセンさんの作品のみんなの声

  • ただ、ただ、悲しかったです

    「マッチうりの少女」のお話自体は、子どものころから知っていましたが、大人になって読むと、改めて胸が苦しくなるお話でした。とても悲しいお話で…。ただ、ただ、悲しかったです。「どうか世界中の子どもたちが幸・・・続きを読む

  • イラストを楽しんでいます。

    バーナデット・ワッツの描く温かみのある色合いのイラストが好きです。これまで『白雪姫』や『赤ずきん』『きたかぜとたいよう』などなど、グリム童話やアンデルセンなどの作品を読みましたが、どれも本当に好きです・・・続きを読む

  • スリムで気品のある王さま

    『ちいさいおうち』のバージニア・リー・バートンの描く、アンデルセンの「はだかのおうさま」。このお話は、これまで何度も読んだり聞いたりしていましたが、王さまのイメージはでっぷりと太った姿でした。でも、バ・・・続きを読む

  • 幻想的な絵本

    手芸と写真を使った独創的で幻想的な絵に包まれた物語です。ほのかに登場人物の姿や心を醸し出しているような表現なので、しばらく絵を味わいながら読み進みました。 肝心な人魚姫の姿や仕草は、イメージの中で浮・・・続きを読む

  • 素敵な本ですね。

    美しく、どこか癒しも感じる水彩絵も印象的な児童書です。 アンデルセン童話を楽しめる1冊となっています。 小さいお子さん向きというよりは、小学校高学年以上のお子さん向けかも知れません。 大人が読む・・・続きを読む


舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」公開記念インタビュー藤原竜也さん

出版社おすすめ

  • アイスゆうえんち
    アイスゆうえんちの試し読みができます!
    アイスゆうえんち
     出版社:ニコモ ニコモの特集ページがあります!
    ”つめたいおきゃくさま”しか入れない”アイスゆうえんち”。どんな楽しいことが待っているかな?

全ページためしよみ
年齢別絵本セット