まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

野村 たかあき(のむらたかあき)

野村 たかあき(のむらたかあき)

1949年、群馬県前橋市に生まれる。1983年より木彫・木版画工房「でくのぼう」を主宰。『ばあちゃんのえんがわ』で第5回講談社絵本新人賞、『おじいちゃんのまち』(講談社)で第13回絵本にっぽん賞を受賞。ほか作品に、『ヒロシマのいのちの水』(指田和/文、文研出版)、『おばあちゃんのおせち』(佼成出版社)など。鬼をテーマにした版画や木彫り人形などを多く手がけ、どこか憎めない、愛嬌あふれる作品で人気を集める。

関連するコンテンツ

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

36件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  次へ→  最後のページ

表示

  • 講談社の創作絵本 せかいのくにで おめでとう!
  • そこつ長屋
  • さるの てぶくろ
  • しばはま
  • ねこのさら
  • たなばたにょうぼう
  • 紙芝居 おにたとおふく
  • なくなタケシ
  • 紙芝居 わし、たわし!
  • おばあちゃんのひなちらし
  • へぇこいたのだれだ?
  • おばあちゃんのななくさがゆ
  • あめふりうります
  • ないたあかおに
  • 近松門左衛門
  • 伊達政宗
  • かさじぞう
  • 歌川広重 名所絵で名をはせた浮世絵師
  • 明治をきりひらいた維新志士 西郷隆盛
  • いたいのいたいのとんでゆけ
  • おばあちゃんのおはぎ
  • 源頼朝
  • 坂本龍馬
  • おばあちゃんのえほうまき
  • かえるのどびん

36件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  次へ→  最後のページ

野村 たかあき(のむらたかあき)さんの作品のみんなの声

  • ことわざ

    • 押し寿司さん
    • 70代以上
    • じいじ・ばあば
    • 愛知県

    ことわざの絵本でした。     ねこが かおを あらうと あめが ふる          きつねの よめいり         ねこの手 かします 木版画の絵にとても惹かれました。ぐ・・・続きを読む

  • 七草粥を食べたので

    • おがめさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子6歳、女の子2歳

    七草粥を食べたので、その意味や由来を知って欲しくて読んであげました。すごく分かりやすく説明されていて私も勉強になりました。 日本の伝統行事をなかなか全部は体験させてあげられないので、絵本で教えてあげ・・・続きを読む

  • おばあちゃんと一緒にお正月の準備。

    • 遥か俯瞰さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子4歳、男の子1歳

    おせち料理の準備を軸にお正月の準備〜元旦までの様子が物語として描かれていました。 年末年始の「総まとめ」のような内容で、私自身を含め、とても勉強になりました。 おばあちゃんの「知恵袋」的なマメ・・・続きを読む

  • ちょうど良い難易度。

    • 遥か俯瞰さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子4歳、男の子1歳

    以前はなかなかはまらなかった「日本の昔ばなし」ですが、この絵本は楽しく、興味を持って読むことができました。 文章量も多くなく、また、難しい言葉もほとんどなく、年少の娘にちょうど良い内容でした。・・・続きを読む

  • 版画の人肌が、いい。

    • もゆらさん
    • 60代
    • その他の方
    • 神奈川県

     落語家の話術が文字に乗り移るとあら不思議、文字から小三治の声が、耳の奥に聞こえてくる。まるで版画の肌をなぞるように、絵本の中に語りが流れ始めるのだ。  するとどうだ、のどかな田舎の茶屋の景色が、舞・・・続きを読む


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その9

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット