もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

さんもり ゆりか

さんもり ゆりか

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

1件見つかりました

表示

手のなかのすずめ

手のなかのすずめ

作:アンネゲルト・フックスフーバー  絵:アンネゲルト・フックスフーバー  訳:さんもり ゆりか おつき ゆきえ  出版社:一声社  本体価格:¥1,400+税  
発行日:2002年  ISBN:9784870771727

1件見つかりました

さんもり ゆりかさんの作品のみんなの声

  • 気持ちが伝わる絵

    とても不思議な色使いの絵に惹かれて手に取りました。 小さな男の子ティムの何気ない日常を描いた作品なのですが、お母さんとはぐれてしまった不安な気持ちや、拾ったスズメを守りたいと思う責任感が、画面からダ・・・続きを読む

  • 人ごみで、迷子になったティム

    おかあさんと”市のたつ日”にお買い物に来て、凄い人ごみの中で迷子になってしまったティムです。人ごみの中で、見えるのは、人の足に、コートのボタン、買い物籠に、雨傘だけ。それはそれは暗くって窮屈で、チィム・・・続きを読む

  • 迷子になったとき

    迷子になったとき、回りのものが別のものに見えてしまう恐怖感は経験がありますが、恐怖感を絵にするととても迫力があります。 さりげなく人ごみの雰囲気と犬の存在を残しながら、デフォルメされた世界に圧倒され・・・続きを読む

  • まいごになった時のイメージ像がすごい!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子19歳、女の子14歳

    個人的には好みな作品です。 まいごになった時、知らない町やしらない人だかりが暗い恐ろし森のように見える感じ!すごく雰囲気が出ていて分かり易かったです。 描写も細かくてかといってゴチャゴチャしている・・・続きを読む

  • 迷子

    迷子になったときの不安な心理が、はっきりと伝わってきました。 見慣れているはずの風景・人々が、薄暗い森に置き換えられていて、その不安の強さがせまってきます。 絵にも迫力を感じました。 訳者さんの・・・続きを読む


世界中で愛されている犬、ニッパーと家族の絆をめぐる物語

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット