新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

おおなり 修司(おおなりしゅうじ)

おおなり 修司(おおなりしゅうじ)

1959年 広島県福山市生まれ。 『だるまなんだ』(絵/丸山誠司・絵本館)で絵本作家デビュー。 大成修司で俳優、ナレーターとしても活動中。

お気に入りの作家に追加する

おおなり 修司さんの作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

26件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  次へ→  最後のページ

表示

ことりのおまじない

ことりのおまじない

文:おおなり 修司  絵:丸山 誠司  出版社:絵本館  税込価格:¥1,430  
発行日:2021年08月  ISBN:9784871104630

26件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  次へ→  最後のページ

おおなり修司さんの作品のみんなの声

  • 最後のページでズッコケました

    詩吟調の絵本という、変な試みです。 どのように語れば良いのかわかりません。 「ーーしか」という、シカをいじったダジャレが続きます。 飯野和好さんの絵の力でねビリこまれる感じがしました。 でも、・・・続きを読む

  • 今回もおもしろい

    1巻目がおもしろかったので、続編も読んでみました。今回も、言葉は「ふんが」のみです! ブーメランをひろったお父さんゴリラ。そこから、大騒ぎになっていくのですが……。明るく楽しい絵なので、どんどん想像が・・・続きを読む

  • 詩吟調に読む絵本は珍しいな〜 鹿の角が折れてから・・・ かなしか〜 はずかしか〜 くるしか〜とダジャレ調で 詩吟を読む シカは ある時 オオカミに追われているシカをみて 悩んだ末 助けたの・・・続きを読む

  • う?ん…

    図書館で借りてから気付いたのですが、ねぎぼうずのあさたろうの挿絵を書かれている方の絵本でした。 詩吟調の読み方なんか、わかるはずもなく、なんとなくリズムを取って読み聞かせました。 なんで詩吟調にし・・・続きを読む

  • 楽しい

    2歳娘と読みました。「ふんが」しか出てこないのですが、そのシーンに合わせて「ふんが」の言い方を変えてお話しました。楽しかったのか、娘は読み終わった後もひとりで「ふんがー!ふんが!」と真似して遊んでいま・・・続きを読む


編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット