宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

宮沢 賢治(みやざわけんじ)

宮沢 賢治(みやざわけんじ)

1896年岩手県花巻市に生まれる。盛岡高等農林学校農芸化学科卒業。十代の頃から短歌を書き始め、その後、農業研究家、農村指導者として活動しつつ文芸の道を志ざし、詩・童話へとその領域を広げながら創作を続けた。生前に刊行された詩集に『春と修羅』、童話集『注文の多い料理店』がある。彼の作品の殆どは没後に高く評価され多数の作品が刊行された。また、何度も全集が刊行された。1933年に37歳で病没。
主な作品に『銀河鉄道の夜』『風の又三郎』『ポラーノの広場』『注文の多い料理店』『どんぐりと山猫』『よだかの星』『雪渡り』『やまなし』『セロひきのゴーシュ』他多数。

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

185件見つかりました

最初のページ ←戻る 4  5  6  7  8  次へ→  最後のページ

表示

  • 若い木霊
  • 私のイーハトヴ−黒井健 NOTE BOOK
  • 銀河鉄道の夜
  • 水仙月の四日
  • 雪わたり
  • 注文の多い料理店
  • The Restaurant of Many Orders 注文の多い料理店 (英語版)
  • 風の又三郎
  • 虔十公園林
  • 虔十公園林/ざしきぼっこのはなし

185件見つかりました

最初のページ ←戻る 4  5  6  7  8  次へ→  最後のページ

宮沢 賢治(みやざわけんじ)さんの作品のみんなの声


『100円たんけん』<br>岡本よしろうさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット