アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

宮沢 賢治(みやざわけんじ)

宮沢 賢治(みやざわけんじ)

1896年岩手県花巻市に生まれる。盛岡高等農林学校農芸化学科卒業。十代の頃から短歌を書き始め、その後、農業研究家、農村指導者として活動しつつ文芸の道を志ざし、詩・童話へとその領域を広げながら創作を続けた。生前に刊行された詩集に『春と修羅』、童話集『注文の多い料理店』がある。彼の作品の殆どは没後に高く評価され多数の作品が刊行された。また、何度も全集が刊行された。1933年に37歳で病没。
主な作品に『銀河鉄道の夜』『風の又三郎』『ポラーノの広場』『注文の多い料理店』『どんぐりと山猫』『よだかの星』『雪渡り』『やまなし』『セロひきのゴーシュ』他多数。

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

188件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  次へ→  最後のページ

表示

  • 宮沢賢治の絵本 注文の多い料理店
  • 宮沢賢治の絵本 雨ニモマケズ
  • セロ弾きのゴーシュ
  • 注文の多い料理店
  • 銀河鉄道の夜
  • 宮沢賢治の絵本 どんぐりと山猫
  • ツェねずみ
  • セロひきのゴーシュ
  • 注文の多い料理店
  • 宮沢賢治の絵本 虔十公園林
  • どんぐりと山ねこ
  • おきなぐさ・いちょうの実
  • 宮沢賢治の絵本 蛙のゴム靴
  • 雪わたり
  • 猫の事務所
  • 虔十公園林
  • 雨ニモマケズ
  • 宮沢賢治の絵本 カイロ団長
  • 宮沢賢治の絵本 ひのきとひなげし
  • 画本 風の又三郎
  • 宮沢賢治の絵本 銀河鉄道の夜
  • 宮沢賢治の絵本 セロ弾きのゴーシュ
  • やまなし
  • 宮沢賢治どうわえほん ざしき童子のはなし
  • 銀河鉄道の夜
  • 蛙の消滅
  • 雪わたり
  • 雨ニモマケズ
  • 宮沢賢治の絵本 やまなし
  • 宮沢賢治の絵本 いちょうの実
  • 宮沢賢治の絵本 雪わたり
  • 宮沢賢治の絵本 狼森と笊森、盗森
  • 宮沢賢治の絵本 ツェねずみ
  • セロ弾きのゴーシュ
  • 宮沢賢治の絵本 気のいい火山弾
  • 宮沢賢治の絵本 鹿踊りのはじまり
  • 宮沢賢治の絵本 黄いろのトマト
  • 宮沢賢治の絵本 氷河鼠の毛皮
  • 宮沢賢治の絵本 なめとこ山の熊
  • 宮沢賢治の絵本 月夜のでんしんばしら
  • 宮沢賢治の絵本 山男の四月
  • 注文の多い料理店
  • どんぐりと山猫
  • 宮沢賢治の絵本 フランドン農学校の豚
  • 童話絵本 宮沢賢治 やまなし
  • 注文の多い料理店
  • グスコーブドリの伝記
  • カイロ団長
  • どんぐりと山猫
  • 銀河鉄道の夜

188件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  次へ→  最後のページ

宮沢 賢治(みやざわけんじ)さんの作品のみんなの声

  • 自然の営み

    おきなぐさという花を知らなかったので、その生態とこの絵本を重ね合わせることはできないのですが、この山野草を主人公にして、回りの世界との関わりが情緒的に描かれていて、自然の営みに思いを馳せることが出来ま・・・続きを読む

  • おどろき

    読んで、びっくりしました! 絵がつくことで、こんなに受け取る印象がかわるものかと!私にとっては、厳しい印象が強かった詩でしたが、色鮮やかで元気な絵が、応援してくれるような明るい印象の詩にごろっとかわり・・・続きを読む

  • 賢治の時代の又三郎に会いに行けます。

    • ニオさん
    • 30代
    • その他の方
    • 神奈川県

    宮沢賢治の作品というと、どこか異国情緒を感じるイメージがあります。 (『銀河鉄道の夜』や『オツベルと象』など) 『風の又三郎』も日本というよりもどこか海外やファンタジー世界の話のように思っていまし・・・続きを読む

  • 宮沢賢治の名作

    宮沢賢治の名作ですが、島田睦子さんの木版画が、マッチして いると思いました。いつ気がつくのかドキドキしっぱなしの私でし た。でもそのドキドキ感が癖になりそうです。(笑) ちょっと気持・・・続きを読む

  • 不思議なファンタジー

    • サニーふうさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子7歳、女の子5歳

    改めて読み直すと、味わい深いファンタジーだとしみじみ思いました。絵もすてきで、想像力を掻き立てられます。 ゆたかな風の音や、子どもたちの会話が方言で小気味よく交わされている点も、いいですね。風のよう・・・続きを読む


あかちゃんの視線をくぎづけにする『もいもい』しかけ絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

全ページためしよみ
年齢別絵本セット