斉藤 倫(さいとうりん)

斉藤 倫(さいとうりん)

1969年、秋田県生まれ。詩人。2004年『手をふる 手をふる』(あざみ書房)でデビュー。2014年、『どろぼうのどろぼん』(福音館書店)で長篇デビュー。同作で第48回児童文学者協会新人賞、第64回小学館児童出版文化賞受賞。 主な作品に、『ぼくがゆびをぱちんとならして、きみがおとなになるまえの詩集』(音楽監修: 高野 文子/福音館書店)、『せなか町から、ずっと』(画:junaida /福音館書店)、『はるとあき』(うきまる共作、絵:吉田 尚令/小学館)、『とうだい』(絵:小池アミイゴ/福音館書店)、『まちがいまちに ようこそ』(うきまる共作、絵:及川 賢治/小峰書店)、『えのないえほん』(絵:植田 真/講談社)などがある。

お気に入りの作家に追加する

斉藤 倫さんの作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

10件見つかりました

表示

はるとあき

はるとあき

作:斉藤 倫 うきまる  絵:吉田 尚令  出版社:小学館  本体価格:¥1,300+税  
発行日:2019年05月17日  ISBN:9784097268505
どろぼうのどろぼん

どろぼうのどろぼん

作:斉藤 倫  画:牡丹靖佳  出版社:福音館書店  本体価格:¥1,500+税  
発行日:2014年09月15日  ISBN:9784834081220
とうだい

とうだい

文:斉藤 倫  絵:小池 アミイゴ  出版社:福音館書店  本体価格:¥1,300+税  
発行日:2016年09月15日  ISBN:9784834082890
まちがいまちに ようこそ

まちがいまちに ようこそ

作:斉藤 倫 うきまる  絵:及川 賢治  出版社:小峰書店  本体価格:¥1,400+税  
発行日:2019年10月29日  ISBN:9784338261357
ぼくがゆびをぱちんとならして、きみがおとなになるまえの詩集

ぼくがゆびをぱちんとならして、きみがおとなになるまえの詩集

著:斉藤 倫  音楽監修:高野 文子  出版社:福音館書店  本体価格:¥1,200+税  
発行日:2019年04月15日  ISBN:9784834084573
クリスマスがちかづくと

クリスマスがちかづくと

作:斉藤 倫  画:くりはらたかし  出版社:福音館書店  本体価格:¥1,300+税  
発行日:2017年10月05日  ISBN:9784834083637
せなか町から、ずっと

せなか町から、ずっと

著:斉藤 倫  画:junaida  出版社:福音館書店  本体価格:¥1,400+税  
発行日:2016年06月20日  ISBN:9784834082678
レミーさんのひきだし

レミーさんのひきだし

作:斉藤 倫 うきまる  絵:くらはしれい  出版社:小学館  本体価格:¥1,400+税  
発行日:2020年11月04日  ISBN:9784097250845
えのないえほん

えのないえほん

作:斉藤 倫  絵:植田 真  出版社:講談社  本体価格:¥1,500+税  
発行日:2018年06月20日  ISBN:9784062209717
波うちぎわのシアン

波うちぎわのシアン

著:斉藤 倫  画:まめふく  出版社:偕成社  本体価格:¥1,800+税  
発行日:2018年03月13日  ISBN:9784036431700
  ためしよみ

10件見つかりました

斉藤倫さんの作品のみんなの声

  • 素敵なお話

    季節の巡りとともに交代で姿を現す 擬人化された四季(はる・なつ・あき・ふゆ)たちが繰り広げる 文通のお話。 「はる」は「ふゆ」に起こされて、「なつ」と交代するので 「あき」に会ったことはない・・・・続きを読む

  • 決して巡り会うことのない二人

    春夏秋冬と巡る季節の中で、絶対に出会うことのないはるとあき。 お話は、春の目線で語られています。 私は、あきに会ったことがない。あきはどんな子? こんなふとした疑問から、二人は手紙を交換しあい、・・・続きを読む

  • とっても不思議な感覚

    とっても不思議な感覚です。 この絵本をよむ前に、ずいぶん前に読んだような気がしました。 発行日は昨年なんですよね。 ふっと想い出したのですが、もう40年以上前で、田舎から就職で出てきまし・・・続きを読む

  • 1字違うと大違い

    ちょっとレトロで賑やかなイラストに惹かれ、手に取りました。 まちがいまちに引っ越してきた、家族のお話です。 そこは、 はなばたけが、あなばたけ。 携帯電話は兵隊電話。 ホテルがホタルになって・・・続きを読む

  • 可愛くて暖かい

    娘に読み、私自身が気に入って即購入しました。 決して会うことのできない「はる」と「あき」が、お手紙のやりとりするお話ですが、読んでいるうちになぜか泣きそうになってきます。 そして各季節の素晴ら・・・続きを読む


石川宏千花さん、書店員・兼森理恵さん 対談インタビュー

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話

全ページためしよみ
年齢別絵本セット