まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ステファニー・グラエギン(すてふぁにーぐらえぎん)

ステファニー・グラエギン(すてふぁにーぐらえぎん)

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

2件見つかりました

表示

絵本ナビオリジナルの人気ランキング。
評価・レビュー数・絵本ナビでの売上・専門家の評価をもとに総合的に算出しています。

プレミアムサービスへのご登録で、
人気順ランキングをご利用いただけます。

プレミアムサービスに登録する

ステファニー・グラエギン(すてふぁにーぐらえぎん)さんの作品のみんなの声

  • 悲しい病気

    認知症って、本当に辛く悲しい病気ですよね。 原因も治療法も分からない。 大好きな家族も楽しい思い出も忘れてしまう。 祖母もアルツハイマーで、色々なことを忘れるようになりました。 自分が誰かも分・・・続きを読む

  • 家族

    ためし読みで読みました。息子が生まれ、母が息子にとっておばあちゃんとなり、絵本を読みながらいろいろと考えさせられるお話でした。切ないけれど、家族の愛がとってもあたたかなお話で、胸がきゅーとするのを感じ・・・続きを読む

  • 老いるということ…

    痴呆症、アルツハイマーになると、どういうことが起こるかが、包み隠さず、具体的に、それも穏やかに描かれていました。実際はこんなに穏やかは話しではなく、客観的に考えることは難しい問題だと思いますが、この絵・・・続きを読む

  • 正体は誰だ!!

    ある寒い日、 クッションや毛布を使って はら穴を作ったトーマス。 でも少しくらいかな、懐中電灯を 持ってこよう! さあ、いざほら穴へ行ったら・・・。 クマ? ・・・続きを読む

  • 涙がほろり

    • ノブミトさん
    • 40代
    • せんせい
    • 大阪府
    • 男の子17歳、男の子17歳

    料理が上手で裁縫も上手な大好きなおばあちゃん。 だんだん色んな事を忘れていき、出来なくなっていくけれど、それでも家族のおばあちゃんへの愛情は失われず暖かく接しています。 美しい絵と文章には優・・・続きを読む


パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…

全ページためしよみ
年齢別絵本セット