話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦

PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦(フレーベル館)

大人気の『PUI PUI モルカー』ストーリーブック第3巻!

ステファニー・ブレイク(Stephanie Blake)

ステファニー・ブレイク(Stephanie Blake)

「1968年アメリカ合衆国ミネソタ州生まれ。8歳よりパリに暮らす。特に絵画の勉強はせず、かわりに中国語の勉強をしていた。息子の誕生をきっかけに絵本を作り始める。 「最初は自分の息子たちのために絵本を作っているのだと思っていた。でも本当は、私自身、子どもの頃、本や絵に夢中になった気持ちをまた味わうために、描いていたの」 こう語る彼女は現在も情熱的に作品を生み出している。 主な作品に『うんちっち』『あっ、オオカミだ!』(あすなろ書房)、『フランチェスカ』(教育画劇)など。

お気に入りの作家に追加する

ステファニー・ブレイクさんの作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

7件見つかりました

表示

  • ちびちっち
  • あっ、オオカミだ!
  • うんちっち
  • いじわるシャルル
  • もらったものは もらったもの
  • オオカミだー!
  • フランチェスカ

7件見つかりました

ステファニー・ブレイクさんの作品のみんなの声

  • こどもは大好き

    子供は大好きですよね、、、多分、第一子のときにこの本に出会っていたら、顔をしかめていたかもしれません。ただ、今は兄弟も増え、子供ってこういうのが好きなもの、と割り切れるので一緒に楽しんで読みました。絵・・・続きを読む

  • 主人公のウサギが何を言われても、うんちっちしか言わないという。 親目線で読むとおそろしいお話ですが、自分もやりたくないことを命令されたらこんな風に言いたくなるときがあるかもしれないと思いました。 ・・・続きを読む

  • お兄ちゃんの気もちがわかります

    「うんちっち」が大のお気に入りの子どもたちに、これまで何回も何回も読み聞かせしてきました。 そして、この「ちびちっち」を見つけた時には、表紙を見ただけで、「あ!うんちっちだ〜!!」と大喜びしていまし・・・続きを読む

  • 本を選ぶ時にメッセージ性を重視して選んでいるので全くそういうものがなく残念でした。「うんちっち」という言葉の響きがおもしろいというお話なので幼稚園くらいになって下ネタとかで笑うようになったら楽しんでく・・・続きを読む

  • 少し変わったトーン

    • ミュさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子2歳

    あまり日本的な流れのストーリーではないかなと思いました。 絵の色彩トーンは暗めなので少し驚きました。 オオカミがお医者さんを呼んでくる場面が面白く、親子でお気に入りのシーンです。 うちの子も同じ・・・続きを読む


ゾロリと3つの試練に挑んでプログラミング思考を育てよう

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこうの試し読みができます!
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット