まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

高田勲

高田勲

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

10件見つかりました

表示

  • 悲しい下駄
  • 偕成社文庫 しろばんば
  • 透明人間
  • ほっほっほー
  • やまんばしみず
  • 五分次郎
  • 鬼まつり
  • 虔十公園林
  • 天と地を測った男
  • ちんちんでんしゃがはしるまち

10件見つかりました

高田勲さんの作品のみんなの声

  • 味わいある絵。

    知的障害の虔十という少年が、両親に買ってもらった杉の苗を育て杉林はやがて子供たちの遊び場になるというお話です。 公園というのが子供達にも身近なので、宮沢賢治の童話を読むはじめとしてもよさそうに感じま・・・続きを読む

  • いくつになっても夢は叶う!

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子24歳、女の子19歳

    とても読みやすかったです。 伊能忠敬という人が、日本で初めて測量して日本地図を作った人だということは知っていましたが、どんな生い立ちで、いつごろ、どうやって測量したのかは、全く知りませんでした。 ・・・続きを読む

  • タロちやんこいしや、ジロちゃんこいしや

    戦争で、双子のタロちゃんとジロちゃんを亡くしたみみずくつくりのおばちゃんが、「タロちゃんかわいや、ジロちゃんかわいや」から「タロちゃんこいしや、ジロちゃんこいしや」に変わったのが深い悲しみや母親の深い・・・続きを読む

  • 哀愁のある美談としてまとめられているけれど、人さらいは人さらいだと思うのです。 サトを親元に返そうと思う良心があったにしても、親に許してもらえない、罪は罪だと思うのです。 自分もサトの元に行きたい・・・続きを読む

  • 戦争のお話

    タイトルからはわかりませんでしたが、戦争がテーマになったお話でした。 やはり、辛いですね・・・幼なじみを亡くすのも、ましてや我が子を亡くすのは、言葉になりません。 素朴な絵が、手作りのおもちゃの雰・・・続きを読む


パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…

全ページためしよみ
年齢別絵本セット