新刊
魔女からの手紙

魔女からの手紙(ポプラ社)

カスレちゃんという魔女にとどいた20人の魔女からの手紙。著名な画家陣が魔女のイメージで描いた絵に角野栄子が手紙文をつけた注目の絵本。

柴田 元幸(しばたもとゆき)

柴田 元幸(しばたもとゆき)

1954年、東京生まれ。アメリカ文学研究者。2005年『アメリカン・ナルシス』(東京大学出版会)でサントリー学芸賞受賞。ほかの著書に『生半可な學者』(白水Uブックス、講談社エッセイ賞受賞)、『翻訳夜話』(村上春樹氏と共著)などがある。2010年、ピンチョン『メイスン&ディクスン(上・下)』(新潮社)で日本翻訳文化賞受賞。絵本の翻訳にエドワード・ゴーリー『うろんな客』など多数。

お気に入りの作家に追加する

柴田 元幸さんの作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

32件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  次へ→  最後のページ

表示

絵本ナビオリジナルの人気ランキング。
評価・レビュー数・絵本ナビでの売上・専門家の評価をもとに総合的に算出しています。

プレミアムサービスへのご登録で、
人気順ランキングをご利用いただけます。

プレミアムサービスに登録する

柴田元幸さんの作品のみんなの声

  • 幻想的

    作家自身の故郷、プラハを描いたお話です。少年が3つの鍵をさがして、黒猫にみちびかれ、伝説を読んでいくという過程からしてなんともミステリアス。最初からひきこまれます。はじめて聞く伝説は興味深く、絵も幻想・・・続きを読む

  • ふしぎで不気味

    ゴーリーの作品は、はじめに読んだ一冊で、合う合わないがすぐに分かってしまうと思います。 分かってしまうというか、感じ取るというのでしょうか。ですが意外と、作品ごとに方向性が異なっているように感じまし・・・続きを読む

  • 問題作

    ゴーリーの作品なので、もちろん、完成度は素晴らしいのですが、「自信をもっておすすめ」にすることは出来ませんでした。 問題作、と書かれていますし、賛否がわかれる作品であることは確かです。 実話がもと・・・続きを読む

  • ☆6つです!!

    暗い雰囲気の絵で、手に取ることをしなかったのですが、 初めて読んでみてびっくりです。 おもしろすぎました。 こんな楽しい絵本があるなんて知らなかった。 今まで手に取らなかったことを後悔するほど・・・続きを読む

  • 気持ち悪い

    連続殺人の実話を元にした絵本です。なぜ絵本という形にしたのか、不思議です。読んで気持ち悪くなりました。 ホラー映画等にあるような、血がたくさん出るような過激な描写は有りません。絵も文も淡々としていま・・・続きを読む


【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット