もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

柴田 元幸(しばたもとゆき)

柴田 元幸(しばたもとゆき)

1954年、東京生まれ。アメリカ文学研究者。2005年『アメリカン・ナルシス』(東京大学出版会)でサントリー学芸賞受賞。ほかの著書に『生半可な學者』(白水Uブックス、講談社エッセイ賞受賞)、『翻訳夜話』(村上春樹氏と共著)などがある。2010年、ピンチョン『メイスン&ディクスン(上・下)』(新潮社)で日本翻訳文化賞受賞。絵本の翻訳にエドワード・ゴーリー『うろんな客』など多数。

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

26件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  次へ→  最後のページ

表示

  • ギャシュリークラムのちびっ子たち

26件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  次へ→  最後のページ

柴田 元幸(しばたもとゆき)さんの作品のみんなの声

  • 気持ち悪い

    連続殺人の実話を元にした絵本です。なぜ絵本という形にしたのか、不思議です。読んで気持ち悪くなりました。 ホラー映画等にあるような、血がたくさん出るような過激な描写は有りません。絵も文も淡々としていま・・・続きを読む

  • 全ページ試し読みで読みました。

    • 梅木水晶さん
    • 40代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子7歳、男の子5歳、女の子2歳

    私の、この作家さんの作品を理解する力が乏しいのか、読んでみても、面白かったとか、つまらなかったとか、そういった感想を持つことすら難しい。大人の私でこんなんだから、子供が読んだらもっと理解できないと思う・・・続きを読む

  • 不幸な子どもは、だれ?

    • もゆらさん
    • 60代
    • その他の方
    • 神奈川県

     1961年出版の絵本だから、まだ日本に自家用車は多くない。 ただ世間の偏見は相当数、あったように記憶している。 いじめも、今に始まったものではない、この中にすら描かれている。  ゴーリーの・・・続きを読む

  • 翻訳カルタ

    • もゆらさん
    • 60代
    • その他の方
    • 神奈川県

      「む」がむちゅう、なにもかも、かきとめる。  原本のことば、原本イメージ、そして新しく生みだす「翻訳本」。 均衡はどうやって保っているのかなぁ。 正直、和英併記だからわからなくなった。・・・続きを読む

  • ウロウロの、う。

    • もゆらさん
    • 60代
    • その他の方
    • 神奈川県

     タイトルは、本の要。 この冴え渡る表紙を創っているのは、翻訳者の卓越だ。 うろん:胡乱。  うさん臭いの「う」、うろつくの「う」である。  舞台じみた登場人物の姿と、時代じみた言葉の掲示・・・続きを読む


『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット