宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

野坂 悦子(のざかえつこ)

野坂 悦子(のざかえつこ)

Etsuko Nozaka  1959年 東京に生まれる。翻訳家、作家。オランダ語を中心に、海外の絵本や児童書を数多く紹介している。『おじいちゃん わすれないよ』で産経児童出版文化賞大賞を受賞。主な翻訳作品に、
『だいすき そんなきもちをつたえてくれることば』(共訳・金の星社)、『第八森の子どもたち』(福音館
書店)、『きつねのフォスとうさぎのハース』(岩波書店)、『おとうとのビー玉』(大月書店)、
『シェフィーがいちばん』(BL出版)、伝記の翻訳に『かえるでよかった−マックス・ベルジュイスの生涯と仕事−』(セーラー出版)『100時間の夜』、『とんがりぼうしのオシップ』など、訳書は100を超える。創作作品に『ようこそロイドホテルへ』など。2001年、「紙芝居文化の会」の創立に加わり、海外統括委員もつとめるなど日本の文化としての紙芝居を海外に広める活動もつづけている。


作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

120件見つかりました

表示

  • ぼくのたいせつなぼうし
  • リッキのゆめ
  • ぼくの ウサギ
  • バロチェとくまのスノウト
  • 火にきをつけて、ドラゴンくん
  • ビーバのそらのたび せかいを ぐるっと いえめぐり
  • とんがりぼうしのオシップ
  • 劇場ってどんなところ?
  • ちぐはぐソックス
  • おしえて、レンブラントさん
  • ぼくとテスの秘密の七日間
  • あかい ほっぺた
  • 美術館ってどんなところ?
  • ケープドリ はつめいのまき
  • ぼくは ニコデム
  • ケープドリとモンドリアンドリ
  • でも、わすれないよベンジャミン
  • ヤンとスティッピー
  • たいせつなてがみ
  • リッキとアニー
  • ケープドリ あらしのまき
  • 第八森の子どもたち
  • 紙芝居 そんなのいらない
  • バロチェのなつやすみ
  • おおきくなったかな?

120件見つかりました

野坂 悦子(のざかえつこ)さんの作品のみんなの声


ほら穴にいるのはどんな” ちちゃこい” いきもの?

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット