たなばたウキウキねがいごとの日! たなばたウキウキねがいごとの日! たなばたウキウキねがいごとの日!の試し読みができます!
作: ますだ ゆうこ 絵: たちもと みちこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ストーリーを楽しみながら、たなばたの知識が学べます!
tori.madamさん 30代・ママ

かわいい七夕物語
たちもとみちこさんの絵が好きで読みまし…

アストリッド・リンドグレーン(Astrid Lindgren)

アストリッド・リンドグレーン(Astrid Lindgren)

1907〜2002年。スウェーデンのヴィンメルビューに生まれる。田園地帯の小さな農場で4人兄弟の長女として、幼い頃から大自然とともに幸福な子ども時代を過ごしたという。1944年『ブリット・マリはただいま幸せ』(徳間書店)で出版社主宰の少女コンテストの二等賞を得てデビュー。以降、児童書の編集者として働きながら多くの作品を発表し続けた。1945年には、彼女の娘の為に話して聞かせていたという『長くつ下のピッピ』を執筆、以降『やかまし村の子どもたち』『名探偵カッレくん』のシリーズ、『ミオよ、わたしのミオ』『はるかな国の兄弟』(以上岩波書店)など、彼女が生み出した世界中で愛されている物語は130作品以上にのぼり、「こどもの本の女王」と呼ばれた。
 1958年には『さすらいの孤児ラスムス』で国際アンデルセン賞を受賞。2002年には、スウェーデン政府が彼女を記念して、児童青少年文学賞である「アストリッド・リンドグレーン記念文学賞」を創設。2005年に日本人初として荒井良二が受賞したのも記憶に新しい。

[絵本ナビのコメント]
リンドグレーンに出てくる子ども達は本当によく遊ぶ。小さい子から大きくなった子まで裸足になって外を駆け回るのです。そしていたずらをしたり、ケンカをしたり・・・。子ども達の一番の幸せな姿に見えてきます。そして子どもを喜ばせる為、弱い者を守る為に一生を費やしたのがリンドグレーンなのです。

アストリッド・リンドグレーン(Astrid Lindgren)さんの作品ピックアップ

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

89件見つかりました

表示

絵本ナビオリジナルの人気ランキング。
評価・レビュー数・絵本ナビでの売上・専門家の評価をもとに総合的に算出しています。

プレミアムサービスへのご登録で、
人気順ランキングをご利用いただけます。

プレミアムサービスに登録する

アストリッド・リンドグレーン(Astrid Lindgren)さんの作品のみんなの声


パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット