酒井 駒子(Komako Sakai)

酒井 駒子(Komako Sakai)

兵庫県生まれ。『ゆきがやんだら』(学研)はオランダで銀の石筆賞を受賞。『きつねのかみさま』(ポプラ社・作:あまんきみこ)で日本絵本賞。『金曜日の砂糖ちゃん』(偕成社)でブラティスラヴァ世界絵本原画展金牌賞。『ぼく おかあさんのこと...』(文溪堂)では、フランスでPITCHOU賞、オランダで銀の石筆賞を受賞。 絵本に『よるくま』(偕成社)、『ロンパーちゃんとふうせん』(白泉社)など多数。

お気に入りの作家に追加する

酒井駒子さんの作品ピックアップ

  • よるくま よるくま 作:酒井 駒子
    出版社:偕成社
    税込価格:¥1,100
    ISBN:9784033312309
    ためしよみができます!
    男の子がベッドでお母さんにお話します。「ママ、あのね、きのうのよるね、かわいいこがきたんだよ」――。そのかわいい子とはくまの子、名前はよるくまです。よるくまは、自分のお母さんを探しに男の子を訪ねたのでした。母親を探すよるくまの気持ちが、男の子の語りで伝えられた可愛らしい作品。おやすみの絵本にもぴったり!
  • よるくま クリスマスのまえのよる よるくま クリスマスのまえのよる 作:酒井 駒子
    出版社:白泉社
    税込価格:¥1,100
    ISBN:9784592760894
    ためしよみができます!
    ねぇママ、夜になるとかわいいともだちがやってくるんだ。夜みたいにくろい、くまの子――。ともだちへの思いやりと、おかあさんを慕う気持ちをあたたかく描いた愛らしい絵本。
  • ぼく おかあさんのこと… ぼく おかあさんのこと… 作:酒井 駒子
    出版社:文溪堂
    税込価格:¥1,650
    ISBN:9784894232617
    ためしよみができます!
    ぼく おかあさんのこと・・・キライ! そんなちょっとショッキングな言葉で始まるお話なんだけど、読んでいくと思わず子どもをぎゅっとしたくなる位、可愛いくて嬉しい絵本です。男の子とママのこんな関係、今だけの大切な時間ですね。
  • ビロードのうさぎ ビロードのうさぎ 作:マージェリィ・W・ビアンコ
    絵・訳:酒井 駒子
    出版社:ブロンズ新社
    税込価格:¥1,650
    ISBN:9784893094087
    ある日、ぼうやのもとにやってきたビロードのうさぎ。たくさんのおもちゃにかこまれて部屋のすみで小さくなっていたうさぎは「子どもに愛されたおもちゃは いつかほんものになれる」ことを知ります・・・。 古典的名作と言われ世界中で愛されてきたお話「ビロードうさぎ」、そのお話を酒井駒子さんが絵本にすると。
  • ロンパーちゃんとふうせん ロンパーちゃんとふうせん 作・絵:酒井 駒子
    出版社:白泉社
    税込価格:¥1,320
    ISBN:9784592761006
    ためしよみができます!
    お母さんと一緒に町にお出かけしたロンパーちゃんは、お店で黄色い風船をもらいました。空に飛んでいってしまわないようにヒモをひとさし指にくくってもらい、ロンパーちゃんは喜んで家に戻ります。 小さな子を描く酒井駒子の描写力に脱帽です!その佇まいは、可愛さだけでなく、体温まで伝わってくるようです。
  • ゆきがやんだら ゆきがやんだら 作・絵:酒井 駒子
    出版社:学研
    税込価格:¥1,320
    ISBN:9784052024948
    ためしよみができます!
    今日は朝から雪が降り続き保育園は休み、帰ってくる予定だったお父さんの飛行機も停まってしまいぼくとままの二人きり。外はすっかり雪に覆われて一面真っ白の雪景色。この世に二人だけしかいないようないつもとは違う別世界、特別な時間が過ぎていきます。心が温まる親子のおはなしです。
  • くまとやまねこ くまとやまねこ 作:湯本 香樹実
    絵:酒井 駒子
    出版社:河出書房新社
    税込価格:¥1,430
    ISBN:9784309270074
    ためしよみができます!
    ある朝、くまのかけがえのないおともだち・ことりが死んでしまいます。くまは小さな箱を作って花びらをしきつめ、ことりをそっと箱の中にいれます。 子どもにも分かる「死」「悲しみ」についての絵本です。湯本香樹実さんとのコラボレーションも話題の1冊です。
  • 金曜日の砂糖ちゃん 金曜日の砂糖ちゃん 作・絵:酒井 駒子
    出版社:偕成社
    税込価格:¥1,540
    ISBN:9784039652409
    酒井駒子さんの絵が好きな方が、その世界を堪能できる1冊です。「金曜日の砂糖ちゃん」「草のオルガン」「夜と夜のあいだに」3篇を収録。少し大人の絵本ですね。2005年この絵本で、ブラティスラヴァ世界絵本原画展金牌賞。
  • リコちゃんのおうち リコちゃんのおうち 作・絵:酒井 駒子
    出版社:偕成社
    税込価格:¥1,320
    ISBN:9784032049404
    リコちゃんは、ぬいぐるみや人形で遊ぶのが大好き。小さいときにだれもがやっていたダンボールのおうち遊びが、かわいいお話の絵本に。 初期の頃の、ちょっとほのぼのした感じの絵も素敵です。
  • こりゃ まてまて こりゃ まてまて 作:中脇 初枝
    絵:酒井 駒子
    出版社:福音館書店
    税込価格:¥880
    ISBN:9784834023435
    ためしよみができます!
    幼い子が散歩に出かけ、チョウやトカゲ、ハトやネコに出会います。でも「こりゃ まてまて」と追いかけると逃げられてしまいます。身近な自然との小さな出会いを描いた絵本。 赤ちゃんの日常の様子が、読んでいて顔がくずれてしまう程、可愛らしく描かれています。
  • Pooka+ 酒井駒子小さな世界 Pooka+ 酒井駒子小さな世界 作:POOKA編集部
    出版社:学研
    税込価格:¥1,540
    ISBN:9784054036574
    ためしよみができます!
    『Pooka+』の酒井駒子さん大特集本です! 絵本はもちろん、装画やスケッチ、インタビュー、そして描き下ろし絵本までを収録。特製ポストカードつきです。
  • BとIとRとD BとIとRとD 作・絵:酒井 駒子
    出版社:白泉社
    税込価格:¥1,870
    ISBN:9784592761358
    ためしよみができます!
    ちいさな女の子の、澄んだまなざしの先にあるものは・・・。その女の子のこころの中に生まれるものは・・・。8編のショートストーリーで綴る、夢と現実のあわいの“不安”と“温もり”。

酒井 駒子さんの作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

54件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  次へ→  最後のページ

表示

  • よるくま
  • よるくま クリスマスのまえのよる
  • ビロードのうさぎ
  • こりゃ まてまて
  • ぼく おかあさんのこと…
  • ぐらぐらの歯
  • くまとやまねこ
  • きつねのかみさま
  • ロンパーちゃんとふうせん
  • まばたき
  • ゆきがやんだら
  • しろうさぎとりんごの木
  • BとIとRとD
  • リコちゃんのおうち
  • みみをすますように 酒井駒子
  • 金曜日の砂糖ちゃん
  • 赤い蝋燭と人魚
  • はんなちゃんがめをさましたら
  • なきむしこぞう
  • すやすや おやすみ
  • ねえさんといもうと
  • 梨の子ペリーナ イタリアのむかしばなし
  • ヨクネルとひな
  • くさはら
  • 森のノート
  • おとまり
  • いたずらハリー
  • こうちゃん
  • 心の森
  • 子どもの自分に会う魔法 大人になってから読む児童文学
  • クロニクル千古の闇(1) オオカミ族の少年
  • カーネーション
  • もうひとつの曲がり角
  • ずっと、そこにいるよ。
  • RDGレッドデータガール(1) はじめてのお使い
  • ちいさなかがくのとも くさはら
  • RDGレッドデータガール(5) 学園の一番長い日
  • RDGレッドデータガール(4) 世界遺産の少女
  • RDGレッドデータガール(3) 夏休みの過ごしかた
  • RDGレッドデータガール(2) はじめてのお化粧
  • クロニクル 千古の闇(3) 魂食らい
  • クロニクル 千古の闇(2) 生霊わたり
  • クロニクル千古の闇完結セット(全6巻)
  • 小さな本の大きな世界
  • マルの背中
  • クロニクル 千古の闇(6) 決戦のとき
  • クロニクル 千古の闇(5) 復讐の誓い
  • クロニクル 千古の闇(4) 追放されしもの
  • RDGレッドデータガール(6) 星降る夜に願うこと
  • 文春文庫 アンネの童話

54件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  次へ→  最後のページ

酒井駒子さんの作品のみんなの声

  • 母と子の絆は強しです。

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子5歳、女の子1歳

    ぼくはお母さんのことがキライ。マンガ見せてくれないし、すぐ怒るし、はやくしなさいって言うくせに自分はゆっくり、おしゃべり。それから…、それから…。ぼくとは結婚、できないって言うし。 ぼくにとって、「・・・続きを読む

  • ほほえましい

    • 渡辺諦さん
    • 40代
    • その他の方
    • 東京都

    2003年刊行。幼い弟と姉が、公園に忘れ物を取りに行った時、不思議な小径からきつねのいる世界に迷い込む話。 日常生活から、地続きで異界に迷い込むところが素敵だ。いつもは見かけない小径から聞こえる・・・続きを読む

  • 心配しなくて大丈夫

    クリスマスの前の夜、主人公の男の子は眠れません。 なぜなら今日、ママにたくさん怒られたからです。 ボクはわるいこだから、サンタさんはきてくれないかもしれない……。 心配で眠れないでいると・・・続きを読む

  • ゆめのあとさき

    耳をすますと、聴こえてくるものばかりではない。  耳をすます時、人は自然と瞼を閉じる。だから、耳をすますと、別の世界も見えてくる。  そんなことを感じる、これは絵本作家の酒井駒子さんの初めての個展・・・続きを読む

  • ごめんね

    クリスマスプレゼントとして、ぼうやの家にやってきたビロードのうさぎ。 ボロボロになっても、汚れても、ぼうやは、うさぎを大事にしてましたが、ぼうやが病気になり、海で静養することになりました。 ぼうや・・・続きを読む


松嶋菜々子さんの朗読で楽しむJ.K.ローリング書き下ろし童話『イッカボッグ』

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット