新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
ウィリアム・スタイグ(William Steig)

ウィリアム・スタイグ(William Steig)

1907年アメリカのニューヨーク市生まれ。ニューヨーク市立大学とニューヨーク・デザイン・アカデミーで学び、23歳のとき時事漫画家としてデビュー。28歳で子供向けの本に手を染めて以来、絵本作家・物語作家としても活躍。「ロバのシルベスターとまほうのこいし」(評論社)でコールデコット賞・ニューベリー賞、「アベルの島」(評論社)でニューベリー賞を受賞。

お気に入りの作家に追加する

ウィリアム・スタイグさんの作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

26件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  次へ→  最後のページ

表示

  • 歯いしゃのチュー先生
  • ぬすまれた宝物
  • ピッツァぼうや
  • ゆうかんなアイリーン
  • ロバのシルベスターとまほうの小石
  • おとなってじぶんでばっかりハンドルをにぎってる
  • ぶたのめいかしゅ ローランド
  • ものいうほね
  • 空とぶゴーキー
  • ケーレブとケート
  • ザバジャバ ジャングル
  • 馬車でおつかいに
  • ちいさくなったおにいちゃん
  • いやだいやだのスピンキ−
  • きいろとピンク 新装版
  • くぎになったソロモン
  • ねずみとくじら
  • ジークの魔法のハーモニカ
  • くぎになったソロモン <新訳>
  • ねずみの歯いしゃさんアフリカへいく
  • みにくいシュレック
  • ドミニック
  • みんなぼうしをかぶってた
  • ロバのシルベスターとまほうのこいし
  • アベルの島

26件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  次へ→  最後のページ

ウィリアム・スタイグさんの作品のみんなの声

  • 名作を読み返し

    ウィリアム・スタイグの作品は、どれも大好きです。 こちらの作品も、子供たちが小さい頃に読みました。 本棚に眠っていましたが、久しぶりに読むことにしました。 お城の宝物殿から宝物が盗まれます。 ・・・続きを読む

  • ハラハラドキドキ

    腕利きの歯医者さんは、ネズミのチュー先生。 体が小さいので、大きな動物の治療は梯子を使ったり宙吊りになったり。 でも、危険な動物の治療はしないチュー先生。 そんなチュー先生のもとにやって来た1ぴ・・・続きを読む

  • 予想外のお話

    • るらはママさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子4歳、男の子2歳

    お父さんが息子でピッツァづくり(のまねごと)をするという、予想外のお話でした。 子どもにとって、この絵本を読むことは「おもしろい遊びを知るきっかけ」になったようです。 とても楽しく読ませて・・・続きを読む

  • さすが,チュー先生

    腕のいいチュー先生。 でも,ネズミだから,「危険な動物」の患者さんはお断り。 あまりに痛がるあわれなキツネを助けたけれど… 痛みが治まったキツネが,「やっぱりチュー先生を食べようかな」と思い直し・・・続きを読む

  • 素敵なお父さん

    タイトルと表紙の男の子の絵から、勝手に、ピッツァが大好きな坊やの話かと思っていたのですが、 なんと、子供をピザにしちゃうっていうお話だったんですね。 雨で外で遊べず不機嫌になっている子供をこんなユ・・・続きを読む


【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話

全ページためしよみ
年齢別絵本セット