話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

エルサ・ベスコフ(Elsa Beskow)

エルサ・ベスコフ(Elsa Beskow)

1874-1953年。スウェーデンの児童文学作家・絵本作家。 工芸学校卒業後、小学校の美術の教師として働き、1897年に『ちいさな ちいさな おばあちゃん』(偕成社)で、絵本作家デビュー。6人の子どもを育てながら30作をこえる作品を発表。1952年に、ニルス・ホルゲルッソン賞を受賞。 主な作品に、『ペレのあたらしいふく』、『もりのこびとたち』、『おもちゃ屋へいったトムテ』(すべて福音館書店)、『ラッセのにわで』(徳間書店)など。

お気に入りの作家に追加する

エルサ・ベスコフさんの作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

33件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  次へ→  最後のページ

表示

  • ペレのあたらしいふく
  • ラッセのにわで
  • ペーテルおじさん
  • ブルーベリーもりでのプッテのぼうけん新版
  • おひさまのたまご
  • ちゃいろおばさんのたんじょうび
  • おもちゃ屋へいったトムテ
  • しりたがりやのちいさな魚のお話
  • ペッテルとロッタのクリスマス
  • ペッテルとロッタのぼうけん
  • おやゆびひめ
  • おりこうな アニカ
  • 雪のおしろへいったウッレ
  • あおおじさんのあたらしいボート
  • もりのこびとたち
  • おうじょさまのぼうけん
  • ウッレのスキーのたび
  • ロサリンドとこじか
  • みどりおばさん、ちゃいろおばさん、むらさきおばさん
  • ロサリンドとこじか
  • クローカ博士の発明 ベスコフ童話集
  • カイとカイサのぼうけん
  • ちいさなちいさなおばあちゃん
  • なきむしぼうや
  • リーサの庭の花まつり

33件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  次へ→  最後のページ

エルサ・ベスコフさんの作品のみんなの声

  • 心あたたまる

    ベスコフの絵本なので、読んでみました。主人公のペーテルおじさんはなんでもできて、町のみんなを助けてきました。そんなおじさんの家が取り壊される危機に・・・。素晴らしい人だなあ、と思ってよみすすめていけば・・・続きを読む

  • エルサ・ベスコフ

    「3人のおばさん」シリーズや『ペレのあたらしいふく』など、エルサ・ベスコフの絵本はどれも大好きなので、こちらも読みたいと思いました。 おじいちゃんとロサリンドが、庭でおしゃべりしながら作った物語。イ・・・続きを読む

  • 森の中の世界への誘い

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子5歳、女の子1歳

    森の奥に暮らす、こびとの家族の一年間が描かれています。赤いぼうしをかぶったかわいい子どもたち。自然の中で、のびのび遊ぶ姿がとても可愛らしいです。読み手の想像が鮮明に膨らむは、影絵のようなモノクロの場面・・・続きを読む

  • 北欧の森の美しさやの世界観に魅了されます。

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子5歳、女の子1歳

    どんぐりぼうやのオッケとピレリルは、葉っぱのひこうき遊びをしていたら、遠くまで飛ばされてしまいました。リスのスバンス氏は二人をさがしに森へ行くのですが・・・。森の中は素敵な世界が広がっている!子どもは・・・続きを読む

  • 少女と子鹿の愛情物語

    少女と子鹿の素晴らしい愛情物語です。 いつも絵を描いているおじいちゃんと、夢の物語を持った女の子が作った絵本だという、作中作品のように語り始める導入部分が、物語を女の子のように純粋な世界として盛り上・・・続きを読む


ゾロリと3つの試練に挑んでプログラミング思考を育てよう

出版社おすすめ

  • こうもり
    こうもりの試し読みができます!
    こうもり
    出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
    こうもりって、かわいい! 都会に住むアブラコウモリの生態を描いた生き物絵本。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット