季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
ロングセラー
おいし〜い

おいし〜い(くもん出版)

赤ちゃんの笑顔はまわりのみんなを幸せにしてくれます。累計発行部数33万部突破の人気シリーズ第2巻!

  • かわいい
  • ギフト
  • 全ページ
  • ためしよみ
エドワード・ゴーリー(Edward Gorey)

エドワード・ゴーリー(Edward Gorey)

1925年、シカゴ生まれ。独特の韻を踏んだ文章と、独自のモノクローム線画でユニークな作品を数多く発表している。またエドワード・リアやサミュエル・ベケットらの作品の挿画、劇場の舞台美術なども手がけた。幻想的な作風と、アナグラムを用いた (Ogdred Weary など)ペン・ネームを使い分けて、たくさんの私家版を出版したために、多くの熱狂的コレクターを生みだした。厖大な作品とミステリアスな人物像については『エドワード・ゴーリーの世界』(濱中利信編、小社刊)『どんどん変に… エドワード・ゴーリー インタビュー集成』(小山太一・宮本朋子訳、小社刊)で知ることができる。2000年4月15日、心臓発作のため死去。享年75歳。

お気に入りの作家に追加する

エドワード・ゴーリーさんに関連するコンテンツ

エドワード・ゴーリーさんの作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

22件見つかりました

表示

  • 金箔のコウモリ
  • ぼくたちが越してきた日からそいつはそこにいた
  • キャッツ ポッサムおじさんの実用猫百科
  • むしのほん
  • 蟲の神
  • 悪いことをして罰があたった子どもたちの話
  • 輝ける鼻のどんぐ
  • ジャンブリーズ
  • おぞましい二人
  • 題のない本
  • まったき動物園
  • 弦のないハープ
  • キャッテゴーリー
  • 雑多なアルファベット
  • ウエスト・ウイング
  • 敬虔な幼子
  • 華々しき鼻血
  • 蒼い時
  • 不幸な子供
  • 優雅に叱責する自転車
  • うろんな客
  • ギャシュリークラムのちびっ子たち

22件見つかりました

エドワード・ゴーリーさんの作品のみんなの声

  • 華やかな表舞台とその裏側

    図書館の新刊コーナーで見つけました。 エドワード・ゴーリーの本は、暗いし怖いのだけれど、なぜかクセになって、手に取ってしまいます。 とあるバレリーナのお話。 華やかな表舞台と、その裏にある単調で・・・続きを読む

  • ふしぎで不気味

    ゴーリーの作品は、はじめに読んだ一冊で、合う合わないがすぐに分かってしまうと思います。 分かってしまうというか、感じ取るというのでしょうか。ですが意外と、作品ごとに方向性が異なっているように感じまし・・・続きを読む

  • 問題作

    ゴーリーの作品なので、もちろん、完成度は素晴らしいのですが、「自信をもっておすすめ」にすることは出来ませんでした。 問題作、と書かれていますし、賛否がわかれる作品であることは確かです。 実話がもと・・・続きを読む

  • ☆6つです!!

    暗い雰囲気の絵で、手に取ることをしなかったのですが、 初めて読んでみてびっくりです。 おもしろすぎました。 こんな楽しい絵本があるなんて知らなかった。 今まで手に取らなかったことを後悔するほど・・・続きを読む

  • 気持ち悪い

    連続殺人の実話を元にした絵本です。なぜ絵本という形にしたのか、不思議です。読んで気持ち悪くなりました。 ホラー映画等にあるような、血がたくさん出るような過激な描写は有りません。絵も文も淡々としていま・・・続きを読む


4月の新刊&オススメ絵本情報

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話

全ページためしよみ
年齢別絵本セット