もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
「MOE」「kodomoe」「クーヨン」等・・・雑誌バックナンバーはこちら
よるのようふくやさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

よるのようふくやさん

  • 絵本
文: 穂高 順也
絵: 寺島 ゆか
出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2017年03月23日
ISBN: 9784799902226

幼児から
263mm×212mm 32ページ

関連するスペシャルコンテンツ


『よるのようふくやさん』穂高順也さん 寺島ゆかさんインタビュー

出版社からの紹介

おしゃれな洋服や、きれいなドレス、すてきなアクセサリーがそろっている、まちの洋服屋さん。ところが、夜になって店じまいすると、そのお店は真夜中にまた始まります。そのお店にやってくるのは、変なお客さんばかり……。

ベストレビュー

不思議でユーモアあふれる

すごいキャラクターの店主!
まずひるの洋服屋さん。豹がらの派手な感じのお化粧の濃いマダム?絵本にはあまりないタイプの主人公です。
それがかえって新鮮でした。

そして、夜になると不思議なお客さんが続々と。
色々ナンセンスながらも、ユーモアあふれて面白い品物が登場します。
そして、文章の言い回しに

なったとかならなかったとか・・

というどっちか知らない!よという曖昧さがまた面白いなと思います。

夜の店主は、昼の店主のスーツを被っているとは。
最後の最後まで面白い絵本の展開で今までにない新しさを感じました。
(Pocketさん 40代・ママ 女の子14歳、男の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


穂高 順也さんのその他の作品

よるのさかなやさん / あかいのあつまれ / どどのろう / いろいろおふろはいり隊! / なべぶぎょう いっけんらくちゃく / とうさんとうさんいかがなものか?

寺島 ゆかさんのその他の作品

マンドリルおじさんのおなら / もうママったら!



どんぐりころころ どんぶりこ〜 まるごと、うたえる絵本!

よるのようふくやさん

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット