ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
ポポくんのひみつきち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ポポくんのひみつきち

  • 絵本
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2017年07月03日
ISBN: 9784569786629

4〜5歳から
幼年・小学初級 A4判変型上製 32ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

「どこにつくる?」「どんなかたち?」ポポくんと友だちは、木の上にひみつきちを作ることにしました。材料をあつめてはこび、骨組みになる木をむすんで、入口と窓枠を作って……最後に扉をつけたら、完成です! みんなの名前の頭文字をつかって「ぞうとぶわきくぽ」という合言葉をきめました。
ポツポツポツ……雨がふりだし、ひみつきちのまわりはあたり一面水浸しになりました。すると、「ぞうとぶわきくぽ〜ぞうとぶわきくぽ〜」と声がきこえ、あり、かめ、かえる、ねこがながれてきました。ポポたちは、ひみつきちの上にお友だちの家も作ってあげました。

本書は、著者がツリーハウスを作られたことから企画が実現しました。ツリーハウスに入ると、子ども達の日常に起きていることでも、特別に感じられます。ポポくんたちも、ひみつきちに入って、おやつを食べたり、水や風の音を聞いたり、木の匂いを感じたり……。五感を刺激して好奇心が芽生える絵本。

ポポくんのひみつきち

ポポくんのひみつきち

ベストレビュー

わくわくする秘密基地

ポポくんのシリーズ、楽しいですね。
木の上の秘密基地なんて、わくわくするお話です。
みんなで力を合わせて本格的なおうち。
なかなか広くて、くつろげるおうちが出来あがたところで
雨!えっと思っていると
雨は降り続き、川みたいになっていてびっくりです。
他のおきゃくさんもやってきて、建て増しですね。
最後のページの作者さんの作られたツリーハウスが。
うーん、すごいですね。
(ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


accototo ふくだとしお+あきこさんのその他の作品

ちがうちがう / あるこう あるこう あるこうよ / あかいのあつまれ / どうぶつ あいうえお リングカード / ポポくんのみんなでおすし / こぞうのズズ そらのさんぽ



押して振ってこすって…全身で楽しむ絵本!

ポポくんのひみつきち

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット