なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
やかましやさん 50代・その他の方

幼児におすすめ
5歳くらいの子におすすめだと思います。…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
おおきなかぶ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おおきなかぶ

  • 絵本
作: A・トルストイ
絵: 佐藤 忠良
訳: 内田 莉莎子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

絵本クラブ
発行日: 1966年06月
ISBN: 9784834000627

読んであげるなら・3才から
自分で読むなら・小学低学年から
サンケイ児童出版文化賞大賞
厚生省中央児童福祉審議会
推薦図書


関連
「大型絵本 おおきなかぶ」

2〜3歳 編集部おすすめ

おはなし

おじいさんが、甘い大きなかぶを作ろうとかぶを植えました。
そして、とっても大きなかぶができました。
おじいさんは「うんとこしょ どっこいしょ」と抜こうとしますが抜けません。
おばあさんを呼んで来て、おばあさんがおじいさんを引っぱって、おじいさんがかぶを引っぱりますが、それでもかぶは抜けません。
まご娘、いぬ、ねこと増えるたび「うんとこしょ どっこいしょ」・・・それでもかぶは抜けません。
ねこにねずみも加わって「うんとこしょ どっこいしょ」・・・そして、やっとかぶが抜けました。

みどころ

とっても有名なロシア民話のおはなしです。
何度も何度もくり返される「うんとこしょ どっこいしょ」の掛け声。はじめての子供でも2度、3度とくり返されるうちに、自然と体を動かしながら、一緒に「うんとこしょ どっこいしょ」って大きな声で言ってくれることでしょう。
犬や猫などおなじみの動物たちが増えるたびに、くり返される言い回しと「うんとこしょ どっこいしょ」の掛け声。この単純なくり返しが、子供にはとても楽しいんですね。
――(ひじり あい ;絵本ナビ オフィシャルライター)

おおきなかぶ

出版社からの紹介

大きなかぶをみんなで力を合わせて抜くという単純な物語の中に、大らかさ、力強さ、ユーモアなどが満ちあふれ、ロシア民話の楽しさを味わわせてくれます。

ベストレビュー

パパの足がかぶに!!

最近、子どものお気に入りになった本です。昔からの有名なほんですが、子どもの反応をみていると長い間読み継がれていくのもわかる気がします。

最初は、おじいさん一人が引っ張りますが、抜けないのでおばあさんに手伝ってもらいます。
最後はねずみにまで手伝ってもらうのですが、
「〜〜おばあさんをひっぱって、〜〜まごをひぱって、・・・」と調子よい言葉の響きがどうやら面白いらしく、子どもはにんまりしながら聞いてます。
「うんとこしょ、どっこいしょ。」という掛け声も調子よいので、好きみたい。

そして、読み終えると、隣で横になっているパパの足を、「うんとこしょ、どっこいしょ」と言いながら引っ張っるんです。
しかも、どうやら自分ひとりでは抜けない様子で、必ず私を呼びます。
私に余裕があるときは、部屋にある猫やペンギンのぬいぐるみにも手伝ってもらって引っ張ります。
子どもって、すぐに物語に溶け込んじゃうから、ホントおもしろいなぁって思います。
(デデ子さん 30代・ママ 男の子2歳)

バナー画像

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


A・トルストイさんのその他の作品

大型絵本 おおきなかぶ / おおきなおおきなおおきなかぶ / ちいさなお城

佐藤 忠良さんのその他の作品

おひゃくしょうとえんまさま 中国民話 / 偕成社文庫 小さな町の風景 /  / 紙芝居 平和のちかい / The Gigantic Turnip おおきなかぶ(英語版) / 小さな雪の町の物語 

内田 莉莎子さんのその他の作品

にひきのよくばりこぐま ハンガリーの民話 / ビアンキの動物ものがたり / ロシアのわらべうた / 福音館文庫 ぞうのドミニク / 福音館文庫 太陽の木の枝 / 福音館文庫 ロシアの昔話



「ななちゃんの絵本」シリーズ つがねちかこさんインタビュー

おおきなかぶ

みんなの声(456人)

絵本の評価(4.79

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット