いっこ さんこ いっこ さんこ いっこ さんこの試し読みができます!
作: 及川 賢治 竹内 繭子  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
100%ORANGE新作! リズムと色と形で楽しむ新しい赤ちゃん絵本です
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
こぞうさんとりゅうのたま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こぞうさんとりゅうのたま

作・絵: はせがわ かこ
出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年04月
ISBN: 9784477020907

出版社からの紹介

泣き虫のこぞうさん。おしょうさんと「ぜったいに、泣かない!」と約束しました。
夕暮れどきに雷が鳴りだしたときも、がまん、がまん。雨が降り出したときも、がまん、がまん。
そして、はぐれた小さな男の子をおぶって、橋にむかって走り出しすと……
さあ、こぞうさんは、最後まで泣かないでいられるのかな?

ベストレビュー

泣き虫小僧さん、頑張ったね

もう泣かないと和尚さんに約束した泣き虫小僧さん。
使いに行った帰り道のかみなりにも土砂降り雨にもがまんがまん。
泣き虫小僧さんは泣き虫だけれど、弱虫ではないのです。
そしてとてもやさしい小僧さんです。
お母さんとはぐれた坊やを背負って、お寺を目指します。
嵐の中、川の流れが荒れ狂う橋の上。
竜との出会い、その竜が背中に背負っていた子どものお母さんだったこと、なんだか幻想的で、心洗われるように描かれています。
最後には泣いてしまった小僧さんですが、この涙は泣き虫を乗り越えた涙ですね。
最後までがんばった小僧さんに拍手拍手です。

すっきりと読み聞かせのできる良いお話。
離れた場所からでも絵がくっきりしているので、大勢の前での読み聞かせにお奨めです。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


はせがわ かこさんのその他の作品

じゅんばんこ! / 2月のおはなし 鬼まつりの夜 / みんなをのせて バスのうんてんしさん / 102ひきのねずみ / 紙芝居 絵(え) からとびだしたネコ / どうぶつげんきにじゅういさん



おこづかいの見方が変わるかも!?親子で楽しめるお金絵本

こぞうさんとりゅうのたま

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.86

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット