すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
世界で一番の贈りもの
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

世界で一番の贈りもの

作: マイケル・モーパーゴ
絵: マイケル・フォアマン
訳: 佐藤 見果夢
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「世界で一番の贈りもの」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年11月
ISBN: 9784566050709

出版社からの紹介

秘密のひきだしで見つけた一通の手紙。最前線で戦う兵士が妻にあてたその手紙には…。1914年のクリスマス。凍てつく西部戦線。一人の兵士が叫んだ。「敵の塹壕に白旗が!」…。戦場の最前線で起きた奇跡。この物語は、第一次大戦中の1914年のクリスマスに前線各地で起こった実話に基づいている。

世界で一番の贈りもの

ベストレビュー

1914年のクリスマス休戦

がらくた屋で見つけた古い机を修理すると、
開かなかった引き出しから手紙が1通。
それはジムからの最後の手紙。
そこには戦場の様子が綴られていたのです。
第1次世界大戦のさなかのクリスマスの朝、
イギリス軍のジムは、敵であるドイツ軍からの「メリークリスマス!」の声を聞きます。
やがて両軍の兵士達はクリスマス休戦とばかりに一緒に宴会を始めるのです。
兵士は誰だって戦争が終わって家族のもとに帰りたい。
そんな想いが手紙に切々と書かれてあるのです。
「ぼく」は宛先のジム・マクファーソン夫人である101歳のコニーを訪ねます。
実話に基づいたお話ということでとても説得力があります。
戦争の中での真の人間の想いが伝わってきます。
(レイラさん 30代・ママ 男の子12歳、男の子9歳)

この作品を紹介しているサイトを見る >>> ユウchan「世界で一番の贈りもの」

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マイケル・モーパーゴさんのその他の作品

ミミと まいごの赤ちゃんドラゴン / 走れ、風のように / 月にハミング / だれにも話さなかった祖父のこと / ロバのジョジョとおひめさま / 希望の海へ

マイケル・フォアマンさんのその他の作品

時をつなぐおもちゃの犬 / どうぶつ どうして どんどんどんと / モーツァルトはおことわり / 少年の木 / アンデスの少女ミア ―希望や夢のスケッチブック / 負けるな、ロビー!

佐藤 見果夢さんのその他の作品

生きものビックリ食事のじかん / 戦火の馬 / 続これがほんとの大きさ!古代の生きものたち / これがほんとの大きさ! / 天使のつばさに乗って / 兵士ピースフル



光るページも楽しめる♪ 参加型ハロウィン絵本

世界で一番の贈りもの

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット