雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
あくたれラルフのクリスマス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あくたれラルフのクリスマス

  • 絵本
作: ジャック・ガントス
絵: ニコール・ルーベル
訳: こみや ゆう
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年11月
ISBN: 9784569783567

幼年から
A4判変型上製

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

あくたれねこのラルフは、セイラのねこです。
ラルフはいつも、いたずらばかり。
編んでいる毛糸をひっぱったり、ピアノでクリスマスの曲をひいているのに邪魔をしたり。
「ラルフ、ときどきあなたをかわいいとおもえなくなるわ」と、セイラに言われますが、ラルフは「あっかんべー」をしてへっちゃらです。
ある朝おきると、パーシーという名前のかわいいねこをセイラがだっこしていました。
「なかよくしてね」と言われますが、ラルフは気に入りません。
さあ、ラルフのパーシーへのいたずらがはじまります……!?

パーシーがずっと家にいるのだと思い、セイラをとられたと思うラルフ。
さんざんセイラを困らせたあげく、
「セイラはぼくより、こいつのほうがすきなんだ……」としょんぼりしてしまいます。
あくたれだって、やきもちを焼くんですね。
せっかくクリスマスを迎えるというのに、ラルフが見つけたプレゼントはパーシーへのものばかり。
ラルフのクリスマスプレゼントはどうなるのでしょう?

作者のジャック・ガントスは、子どもたちに、いたずらっ子で、感性ゆたかで、いつもいきいきとしていて欲しいと願い、あくたれラルフのお話を作ったそうです。
石井桃子さんが訳した『あくたれラルフ』につづき、『あくたれラルフのたんじょうび』『あくたれラルフのクリスマス』『あくたれラルフのハロウィン』と小宮由さんによってシリーズが次々訳されています。

とにかく、毎回笑顔になれるラストシーンはみどころの一つ。
中でもこの『あくたれラルフのクリスマス』はめずらしくラルフの甘えぶりがかわいいラストです。
それぞれの作品にファンがいるのも、ラルフのめちゃくちゃないたずらや表情ゆたかな絵が、子どもたちに愛されている証拠ですね。

元気いっぱいの子どもたちと一緒に笑いながら読みたい絵本です。
クリスマスはやっぱり大好きな人と過ごさなくちゃね!

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

あくたれねこのラルフは、クリスマスもいたずらばかり。セイラが編んでいる毛糸を引っ張ったり、ピアノの上を踏み歩いたり……。とうとうセイラに叱られたラルフは、あっかんべーをして、自分の部屋に行ってしまいました。

次の日、ラルフが目を覚ますと、セイラがパーシーというかわいいねこを抱いていました。セイラからパーシーと仲良くするように言われたラルフですが、おもちゃの汽車のレールにパーシーをしばりつけたり、靴下をはさみでちょんぎったり、いじわるばかり……。

そして、クリスマスイブの夜、セイラが、ラルフとパーシーにお話を読んでくれることになりました。ラルフは、いつも通り、セイラのひざの上にすわろうとしますが……。

本作では、ラルフの嫉妬心も重なり、さらに“あくたれ”ぶりを発揮しています。それでも、セイラはラルフを温かく見守り、優しく包み込みます。ユーモラスなお話の中に、深い愛情がたっぷり感じられる絵本。

ベストレビュー

息子、娘ともにラルフに感情移入した一冊

絵本ナビさんでこの絵本を知り、
面白そう!と思って図書館で予約!
昨日やっと、4歳の娘と読みました。

あくたれラルフって、名前からするとイヤナヤツなのかなと思っていたけど、
読んでみると全然そうでもない。
確かに嫌な事はいっぱいしちゃうんだけど、
それにも一つ一つ理由があって、
そのなんとも説明のつかない心の動きが、
とってもよく描かれています。

いつの間にか9歳長男も寄って来て、一緒に最後まで読みました。

誰しも経験したことがあるこの気持ち。
長男は、妹が生まれた後に、
娘の方は、先日遠方から引っ越してきた従弟に、
似たような感情を抱いていたに違いなく、
二人ともラルフにとても感情移入していたようでした。
母としてもなんだんかとってもジーンとしちゃった一冊。

そしてこの絵本、どうやらシリーズもののようで、
あと2冊も是非、長男、長女と一緒に読みたいと思います。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子9歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

ジャック・ガントスさんのその他の作品

あくたれラルフのハロウィン / あくたれラルフ / あくたれラルフのたんじょうび

こみや ゆうさんのその他の作品

あおいジャッカル / マスターさんとどうぶつえん / にんぎょうの おいしゃさん / ねむれない おうさま / まるぽちゃ おまわりさん / パンタロンとケーキやさん



シリーズ6作目は野菜畑でばけくらべ!上手に化けられるかな?

あくたれラルフのクリスマス

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット