話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
きみの話を聞かせて しろさめ作品集

きみの話を聞かせて しろさめ作品集(小学館集英社プロダクション)

全編透明水彩画で描かれたイラスト作品に、描き下ろしのショートコミックを大幅に加えた、待望の作品集!

  • 泣ける
  • かわいい
コービーの海

コービーの海

  • 児童書
作: ベン・マイケルセン
訳: 代田亜香子
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,760

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2015年06月19日
ISBN: 9784790233091

出版社のおすすめ年齢:高学年〜
194×136mm/334ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

フロリダの壮大な自然の中、座礁した鯨の母子を助けた義足のコービー。事故で片足を失い、終わってしまったと思っていた人生がまた動き始める。鯨との交流を通じて、家族、生き方、自然との関わりを見つめなおす。人は自然を保護しているのではなく、自然の中で生かされている、という作者の強いメッセージが随所に感じられる作品。

ベストレビュー

女の子の成長物語

 事故で片方の足が義足になったコービーは友達の輪に入れず孤独。そして両親は不仲。良いことなんか、何もない。でも、海の上にいるときは自由。何も気にならず、すべてから解き放たれている・・・。

 コービーはある日、瀕死のクジラを助けます。そして、クジラとの交流が、やがて人との交流へと繋がっていきます。コービーの様々な悩み、そこからカラを破って一歩踏み出していく時の勇気、海にいる時の解放感、友達ができた嬉しさ・・・。そんな様々な気持ちを一緒に味わいました。中高生の女の子におすすめです。

 コービーの知り合いで、港にいる変わり者で嫌われ者のニッケルジャックというおじいさんがいい味を出していました。「結び目」の話や、彼がぽつぽつと話す言葉は深いです。ニッケルジャックはきっと、人生経験が豊富なのだろうなと思いました。

 カバーの絵が印象的で素敵です。
(なみ@えほんさん 50代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,430円
1,760円
1,760円
1,430円
1,320円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

13,365円
1,430円
1,628円
3,080円

出版社おすすめ




ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

コービーの海

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら