新刊
うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 恐竜

うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 恐竜 (小学館集英社プロダクション)

お子さまの塗ったぬりえが、アニメーションになる!フランス生まれの画期的なぬりえシリーズ!

  • かわいい
  • 盛り上がる
新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
このあと どうしちゃおう
プラチナブックメダル

『 このあと どうしちゃおう 』 は
「絵本ナビ プラチナブック」です。

絵本ナビ人気ランキング上位の絵本として選ばれています。

このあと どうしちゃおう

  • 絵本
作: ヨシタケシンスケ
出版社: ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2016年04月22日
ISBN: 9784893096173

257mm×205mm 上製 32ページ

この作品が含まれるシリーズ

▼ 絵本とあわせて欲しい♪マスキングテープやトートバッグ、付箋など。
>>ヨシタケシンスケグッズはこちら


みどころ

続きを読む

出版社からの紹介

しんだおじいちゃんがかいた「このあと どうしちゃおう」ノートがでてきた。「じぶんが しょうらい しんだら どうなりたいか」が、かいてある。「うまれかわったらなりたいもの」「こんなかみさまにいてほしい」......なんだかおじいちゃん、たのしそう。でも、もしかしたらぎゃくだったのかもしれない。ぼくだったら、どうしちゃおうかな。いま、いきているあいだに、かんがえてみよう!

ベストレビュー

「死」を考えることで、「生」を考えたい。

主人公の少年は亡くなったおじいちゃんの部屋で、
おじいちゃんが死後について考えた「ノート」を発見します。
おじいちゃんが死後に行く予定の天国は、
それはそれは楽しそうな場所。
でも、私たちが考える天国(=花園や楽園)とはちょっと違う。
そこはヨシタケシンスケさん。
想像をはるかに超えた俗っぽさ。
そして、子どもが考えそうな低レベルな発想。
かなりおちゃめなおじいさんです。
自分の死後に家族にやってほしいことや、
嫌いなあいつが行く地獄はこんなところ。
も、予想外のおもしろさ。
おじいちゃんは死ぬのが楽しみだったのかなと思えるほどです。

でも、少年は、はたと気が付きます。
死ぬのが怖くて、こんな楽しい天国を想像したのかな。
孤独に死を迎えるおじいちゃんを想像し、
ちょっと寂しい気持ちになります。

そして主人公もおじいちゃんのように、
死後のことを考えようとノートを購入しますが。
ふと、気が付きます。死んだ後のことより、
今したいことがたくさんあるってことに。
死を考えることで、生を改めて考えることができる、素敵なラスト。

死を理解できる年頃のお子さんに(小学校中学年以降でしょうか)オススメします。
6歳の息子も楽しく読みました。
でも、きちんと理解できていない模様。
息子が中学年くらいになったら購入したいと思います。
何世代もが同居していた昔と違い、
今は子どもが死を考えることのない時代だと言われています。
ある程度の年齢に達したら、
時々は、死について考える機会を与えたいと思うのです。
死を考えることは、生を考えることに等しいと思うからです。
そして、死を考えることのできる絵本において、
かつてこんなに笑える本はなかったと思います。
革命的な絵本です。
久しぶりに素敵な絵本に出会えました。
(Tamiさん 40代・ママ 男の子6歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,210円
1,430円
1,540円
1,540円
1,540円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

550円
550円
440円
330円

出版社おすすめ




編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

このあと どうしちゃおう

みんなの声(32人)

絵本の評価(4.79

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら