新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

イソップえほん ずるいコウモリ

イソップえほん ずるいコウモリ

  • 絵本
文: 蜂飼 耳
絵: 杉崎 貴史
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,320

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2017年02月
ISBN: 9784265085576

B5・24ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

獣と鳥が争っていました。コウモリは、鳥たちが強いときはコウモリは鳥たちの、獣たちが強いときは獣たちの味方をしました。

ベストレビュー

仲間外れになるのは、当然です

とてもずるいコウモリに憤りさえ感じてしまいます。獣の一族と鳥の一族は、長い間喧嘩をしていました。お互いに嫌っていたので争いはなかなか終わりません。獣たちが勝てば、コウモリは獣たちのところに出かけて行って、獣の仲間だと言い、鳥たちが勝てば鳥の仲間だと言うし、信用出来ないなあと思いました。獣たちと、鳥たちが仲直りした時には、みんな揃って睨みました。「ずるいぞ。いつでも強い方にくっつきたがるなんて。誰の仲間にもなれないぞ」と言われたコウモリは、逃げ出しました。誰もいない薄暗い洞窟に住み付きました。だから今でも洞窟にはコウモリがいるのです。そしてコウモリは、夜しか外に出かけないのです。と、コウモリのことがわかりました。仲間外れになるのは、当然だと思いました。
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,760円
1,320円
1,540円
1,650円
1,210円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

3,740円
440円
880円
2,178円

出版社おすすめ




編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

イソップえほん ずるいコウモリ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら