話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
トム・チット・トット

トム・チット・トット

作: ジェイコブズ
絵: スズキ コージ
訳: 吉田 新一
出版社: 復刊ドットコム

税込価格: ¥2,090

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2006年04月
ISBN: 9784835442198

出版社からの紹介

普通の娘がひょんなことからある日、王さまのきさきになることに。しかしそれにはある条件があったのです・・・。

イギリスの代表的な民話である表題作『トム・チット・トット』そして『ちっこいちっこい』の計2編を収録。

初版は1978年。小学館刊行『世界のメルヘン絵本』シリーズの中の一作。
人気作品であるにもかかわらず長らく入手困難で復刊が待望されていた作品です。

まだ若き日のスズキコージによるイラストも魅力的。
読み応え、そして見応え十分のオールカラー、68ページ!

ベストレビュー

最後はちょっと怖〜い!?

聞いたことがあるような題名だったので、借りてきました。

読み進めていくうちに、「なんだか『大工と鬼六』みたいだなぁ」と思っていたら、巻末に「ドイツでは『ルンぺルシュティルツヘン』日本では『大工と鬼六』が類話」とあって、ビックリ!
他にも似たお話があったんですね。

お話はとても長かったのですが、興味をそそられるお話と絵柄で、子供達も飽きることなく最後まで読むことができました^^

そのあとに載っている「ちっこい ちっこい」というお話は、「ちっこい ちっこい」という言葉が何度も何度も出てきます。
「『ちっこい ちっこい』やって(笑)」「『ちっこい ちっこい』ばっかりやなぁ(笑)」とこれまた子供達が楽しそう♪  

でも!途中から空気は一変!
ちっこい女の子は墓場に行って、ちっこい骨を拾い、なんとスープにしようと持って帰るんです!
その骨を取り返そうと骨の持ち主(?)が家までやってきたところで、子供達はブルブル…><
最後「もっていけ!」で、骨を片手にうれしそうに走っていく絵を見て「あれ、なんやったん…?」と・・・

ちょっと怖かったけど、最後の挿絵は少しかわいらしい(?)ガイコツが載っています。
(ぽてぽてぽてとさん 30代・ママ 女の子6歳、男の子3歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,595円
1,210円
1,320円
1,045円
1,650円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

418円
550円
1,100円
576円

出版社おすすめ




いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

トム・チット・トット

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら