新刊
うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 恐竜

うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 恐竜 (小学館集英社プロダクション)

お子さまの塗ったぬりえが、アニメーションになる!フランス生まれの画期的なぬりえシリーズ!

  • かわいい
  • 盛り上がる
新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
あみかけクジラ

あみかけクジラ

  • 絵本
作: 赤羽 末吉 川村 たかし
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,760

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2019年03月18日
ISBN: 9784776408895

30×22p 32ページ


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

続きを読む

出版社からの紹介

太地の大男、でんじは村一番の漁師だった。ある日、入り江の外に現れたクジラうをしとめようと、でんじは一人で立ち向かう。雄々しいその姿に仲間たちも心動かされ、村をあげてのクジラとりが始まった。

1973年に発行された作品を復刊しました。

ベストレビュー

母クジラの子を守る姿 クジラ取り男たちの真剣な姿!

紀伊国 太地に生きるクジラとりの男たちの真摯な姿
みんなで協力して クジラを捕るために・・・・

鍛冶屋が モリを作り  舟を造り 大きな網を作る
これはいえもんの 指図です みんなが 協力して
春 夏 秋 そして 冬 クジラを捕るチャンスねらうのです
 
一人でんじは 酒を飲み 自分一人でとろうと意気込むのです・・・・! そして 網の重りとなり 海の中に潜るのです
子どものクジラにもりをうちこんだ でんじ・・・
しかし 母クジラは自分の子どものクジラを守るために
かばい 自分がモリを受けるのです
このははクジラの姿に感動しました!
 
やはり 一人では無理だとわかるのです
そして 命を落としたでんじ・・・ そのでんじが 自分の子どものそうた(5さい)のことをいえもんに頼んで死んでいくのも 父親の愛が感じられました

すごいな〜 命がけで クジラを捕る男たちと
母クジラの子を思う姿に 感動しました

生きるとは 厳しいですが みんなと協力して生きることが大切だと知りました

でんじの子 そうたのこれからは・・・・ もりくいクジラの絵本に描かれています
どうぞ 読んでみて下さい
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,650円
1,210円
1,047円
726円
1,980円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

440円
440円
385円
440円

出版社おすすめ

  • こどもべやのよる
    こどもべやのよるの試し読みができます!
    こどもべやのよる
    出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
    岩波の子どもの本 最新刊。こどもべやに夜がきました。せかいじゅうで、おきているのは、いっちゃんだけ。



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

あみかけクジラ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら