話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 海のいきもの

うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 海のいきもの (小学館集英社プロダクション)

お子さまの塗ったぬりえが、アニメーションになる!フランス生まれの画期的なぬりえシリーズ!

  • かわいい
  • 盛り上がる
しずかな魔女

しずかな魔女

  • 児童書
作: 市川 朔久子
絵: 平澤 朋子
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2019年06月11日
ISBN: 9784265057931

出版社のおすすめ年齢:高学年〜
判型・ページ数:四六判・176ページ

出版社からの紹介

中一の草子は、学校に行けなくなってしまい、今は図書館に通う日々を送っている。
ある日、ふとしたことをきっかけに、初めてレファレンスを希望する。

やがて司書の深津さんから渡されたのは「しずかな魔女」というタイトルの白い紙の束。
ふたりの少女の、まぶしい、ひと夏の物語だった。

物語を読み終えた草子の胸に、新しい何かが芽生える。
それは小さな希望であり、明日を生きる力だった。

ベストレビュー

静かな、でも温かさの感じられるお話

国語の問題の教材として使用されていたので、読んでみました。

冒頭、不登校の中学生の図書館通いから始まり、どんな風に話が進んでいくのか本当に読めませんでした。

ふとしたきっかけで話すようになった図書館のスタッフさんとの少ない会話の中から、表題となる『しずかな魔女』の作中話へと発展していきます。
その部分は小学生の女の子二人の一夏が描かれており、キラキラ光る明るい女の子と静かだけど心優しい女の子の交流が、とても可愛らしくて楽しそうで、ぐいぐい引き込まれていきました。
そんなお話の中にも影が差している部分もあり、メリハリがあってとても良かったです。

だからこそ、冒頭と終盤にある不登校の中学生の、もどかしいほどに悩ましい気持ちが浮かび上がってきているように感じられました。
そんな中学生の女の子も、『しずかな魔女』に倣って両親へと手紙を書く・・・というくだりには、一筋の光を感じました。
ただ暗いだけで終わらず、何処かへと続きそうな希望が感じられたラストだったのは、良い読後感になりました。
(hime59153さん 40代・ママ 男の子9歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,430円
1,320円
1,430円
1,320円
1,100円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

4,730円
1,100円
2,200円
1,430円

出版社おすすめ




いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

しずかな魔女

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら