話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
りんごがたべたいねずみくん
  • 全ページためしよみ作品は送料無料

りんごがたべたいねずみくん

  • 絵本
作: なかえ よしを
絵: 上野 紀子
出版社: ポプラ社

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

のびのび読みポプラ社

中面を見る

作品情報

発行日: 1975年05月
ISBN: 9784591004739

出版社のおすすめ年齢:3・4・5歳〜
24.5cm x 21.5cm 32ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

木に、赤いりんごがいくつもなっています。
とりくんがやってきて、りんごをひとつ、とりました。
木の下には、うらやましそうにそれを見上げるねずみくん。
「ぼくにも つばさが あったらなあ」

さるくん、ぞうくん、きりんくん、カンガルーさん・・・。
動物たちが、ひとつずつ、りんごをとっていくたび、「きのぼり できたら」「はなが ながかったら」「くびが ながかったら」「たかく とべたら」と、ねずみくんは思います。
でも、最後にやってきた動物は、どれもできない代わり、得意技でねずみくんを投げ上げて・・・?

木にのこった2つのりんご。誰の手でもぎとられたのか、お話を読んでみてくださいね。

腕を振り回したり、木にとびついたり。鼻をひっぱったり、木に突撃したり。・・・一生懸命やってみるけど、りんごがとれないねずみくん。
かわいそうだけど思わずクスッと笑っちゃう、ユーモラスなねずみくんの仕草とともに、次々登場する動物たちの伸びやかな体の線も見どころです。
『ねずみくんのチョッキ』にはじまる人気シリーズ、第2作目のお話です。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

りんごがたべたいねずみくん

出版社からの紹介

続きを読む

ベストレビュー

自分の能力を生かして

ねずみくんシリーズ第2作。
他の作品と違って右開きなのが少し新鮮です。
上をながめる展開なので、文章も縦書きがいい、というレイアウトでしょうか。
ねずみくんは高い木の上のりんごがほしいのです。
他の動物たちは、それぞれの特性を生かして難なくりんごを取るので、
ねずみくんはうらやましいばかり。
ところが、最後にやってきたあしかくんが素敵なことを教えてくれます。
なるほど、これはいいアイデアです。
発想の妙ですね。
前作で映えた赤色が、今回はりんごで印象的です。
自分の個性をもっと見直したら豊かな心持ちになれることを教えてくれるような気がします。
案外、思春期の子どもたちにもよさそうな気がしました。
(レイラさん 40代・ママ 男の子16歳、男の子14歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

990円
1,078円
1,430円
1,540円
1,760円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

330円
715円
418円
5,390円

出版社おすすめ




えほん新定番 from 好書好日 新井洋行さん

りんごがたべたいねずみくん
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら