新刊
ねえ、おぼえてる?

ねえ、おぼえてる?(偕成社)

国際アンデルセン賞画家賞受賞作家最新刊

  • 泣ける
  • ためしよみ
新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
ちちゃこいやつ
  • 全ページためしよみ作品は送料無料

ちちゃこいやつ

  • 絵本
作: ロブ・ハドソン
訳: ダニエル・カール
出版社: マイクロマガジン社

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,705

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2020年01月24日
ISBN: 9784896379693

282×240mm/40ページ 3〜5歳

この作品が含まれるテーマ

関連するスペシャルコンテンツ


【結果発表】ほら穴にいるのはどんな” ちちゃこい” いきもの?

出版社からの紹介

おなかをすかせたおおかみが、ほら穴のなかの“ちちゃこい"いきものを
おびき出そうと、あの手この手でがんばります。
はたしておおかみの作戦は、成功するのでしょうか…?

ちちゃこいやつ

ベストレビュー

ちちゃこいやつは、あちこちに。

岩手に祖父母が住んでおり、東北なまりに愛着があった為、目に止まりました。

「ちちゃこいくん、あそばねが?」
訛り言葉って、なんだか関東育ちの私にとって、絶妙な距離感なんですよね。
ここじゃないどこか遠くの場所…でも、海外とまで行かず、すぐその地へ行けちゃいそうな…探せば出会えそうな…。
そんな、私達の生活のちょっと傍らで、本当にこんな動物たちのやりとりがあるかもしれない。そんな想像を掻き立てられるんです。


訛り言葉だけでなく、絵本の中にはちちゃこいユーモアがたくさん。
お話のメインとなっている、ちちゃこいくんを誘き出す為のオオカミの奮闘ももちろん可愛らしく、面白い。
でも最後まで読み終えたら、今度は洞穴の周りにいる「ちちゃこいくんの友達2匹」に注目して始めからページをめくり直してみてください。
ちちゃこいくんだけでない、ちちゃこいやつらの奮闘を楽しむことができます。

絵本を楽しんだ後には、お外に飛び出して、私達の周りにいる「ちちゃこいくん」を探しに行きたくなる!
生き物が大好きな私にはそんなうずうずが抑えられなくなるような1冊でした。
(お米さん 20代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,100円
1,650円
1,430円
1,650円
880円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

3,190円
3,190円
4,400円
5,390円

出版社おすすめ




いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら