新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
ありんこ リンコちゃん

ありんこ リンコちゃん

  • 絵本
作: タダ サトシ
出版社: こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,430

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2007年06月
ISBN: 9784772101875

出版社のおすすめ年齢:4歳〜

この作品が含まれるテーマ

関連するスペシャルコンテンツ


タダサトシさんにインタビューしました!

出版社からの紹介

巣から一度も出たことのない、はたらきアリのリンコちゃんは、ねえさんアリが止めるのもきかずに、森を探検に!セミの羽化に見とれたり、クワガタ夫婦に”えさ場”に連れて行ってもらったりと、エキサイティングな旅が続き、大満足。ところが、最後にのぞいた穴には、なんとアリジゴクが待ち受けていて…。

ベストレビュー

盛りだくさんの内容

そういえば子供の頃、よくアリの行列をじーっと眺めたりしたな〜と懐かしく思い、なんとなく手に取ったこの本。アリの生態が描かれた、自然科学絵本かと思いきや。
いえ、その通りなんですが、それだけじゃないんです。
好奇心旺盛なリンコちゃんの楽しい冒険物語なんです。

ダンゴムシで玉乗り、アブラゼミの脱皮、クワガタに木の樹液を吸いに誘われたり…アリジゴクに襲われそうになるところではハラハラドキドキ。カミキリムシさんの登場でホッ。アリの目線で描かれているので迫力満点!絵の描写も細かくて、作者タダサトシさんの、昆虫への愛情が伝わってきます。

庭もない都市部の集合住宅住まい、さらにインドア派の我が家では、なかなか子供に植物や虫のことを教えてあげられないので、こういった親しみやすい絵本を通して生き物のことを学ぶのも新鮮で楽しいです。
(いちがつにがつさん 30代・ママ 女の子3歳、男の子0歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,540円
1,430円
1,430円
770円
1,430円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,430円
1,760円
495円
605円

出版社おすすめ

  • まめぞうのぼうけん
    まめぞうのぼうけん
    出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ひとりぼっちの 小さな まめぞうは、大きな海へ とびだしました! 繊細な切り絵の世界は素敵です。



絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

ありんこ リンコちゃん

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.45

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら