新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
落語絵本11 おおおかさばき

落語絵本11 おおおかさばき

  • 絵本
作・絵: 川端 誠
出版社: クレヨンハウス

税込価格: ¥1,540

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2007年07月
ISBN: 9784861010873

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


「落語絵本制作のひみつ」新作の完成まで!

みどころ

 人気の落語絵本シリーズももう11冊目。毎回驚かされる軽快なテンポの気持ち良いストーリー展開、読むのが楽しい言葉使い、ちょっぴりひねりの効いたユーモア・・・そんな傑作絵本が次々出てくるのは落語の世界の奥の深さ故。時代も世代も飛び越えてみんな楽しめる、これが基本なんだと改めてこのシリーズは教えてくれているようです。
 さて、今回は「おおおかさばき」。そう、かの有名な大岡越前の登場です。江戸が舞台のときのお奉行様といえば南町奉行大岡越前守で決まりなんであります、そうだ。内容は「三方一両損」という話から出来ています。拾った財布をめぐってケンカが勃発するのですが、これが拾った方も落とした方も受け取らない!という言い分だから驚くのです。あまりにも実直で純粋な主張がかえってユーモアに結びついていくのもまた新鮮。
 そして最後は待ってました、お奉行様のお裁き・・・お見事!

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

落語絵本11 おおおかさばき

出版社からの紹介

続きを読む

ベストレビュー

大人も楽しめる落語絵本。

 この落語絵本シリーズ、子どもも「鬼のめん」「そばせい」など、少し文章は長いけど大のお気に入り。子ども以上にはまっているのは、お笑い大好きのお父さん。表紙をみるなり「それそれっ読ましてッ!」と、どれを読もうか迷っていた兄を説得して、読み聞かせていました(笑)

 とっても有名は「南町奉行、大岡越前」の三方一両損をモチーフにしていて、最後まで江戸っ子魂や人情にあふれたお話に、読んでて心がスッキリ。最後のおちもビシッと決まって、旦那は子どもが寝た後にじっくり読み返していました。「本当に、この落語絵本大人がはまるよな〜。」と、子ども以上に喜ぶお父さんのためにも選書に力が入ります。
(やっちょとやまちゃんさん 30代・ママ 男の子5歳、男の子4歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,540円
1,540円
1,760円
1,760円
1,760円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

550円
1,430円
1,320円
1,980円

出版社おすすめ

  • どひょー
    どひょー
    出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    おすもうさんは おどろいた どひょうが いなくなっちゃった! どこいったぁ〜?
  • こどもべやのよる
    こどもべやのよるの試し読みができます!
    こどもべやのよる
    出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
    岩波の子どもの本 最新刊。こどもべやに夜がきました。せかいじゅうで、おきているのは、いっちゃんだけ。



人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

落語絵本11 おおおかさばき

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.6

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら