新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

悲しみのゴリラ

悲しみのゴリラ

  • 絵本
作: ジャッキー・アズーア・クレイマー
絵: シンディ・ダービー
訳: 落合 恵子
出版社: クレヨンハウス

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,980

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年11月24日
ISBN: 9784861013874

出版社のおすすめ年齢:中学年〜
230mm×280mm 41ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ママを亡くした男の子のもとに現れたゴリラ。「ママはどこにいったの?」「いつになったらかなしくなくなるの?」男の子の問いかけに、一つひとつ答えていきます。大切なひとを失う悲しみを、大きな腕で丸ごと抱きしめる絵本。また、もうひとつのストーリーとして、男の子とパパとの関係が描かれています。同じ悲しみに見舞われながら、悲しみが大きすぎるがゆえに、それぞれに抱えて分かち合えないふたり。でも、ゴリラとの対話によって、男の子が少しずつ変わり、ふたりが新しい日常を歩き出すようすにこころ打たれます。美しい水彩画が繊細な物語を彩ります。

ベストレビュー

どうしてこんなに泣けてくるのだろう             

愛する人を亡くした悲しみから、人はどのように立ち直っていくのだろう。
 この本は絵本ですが、そんな深い問いを描いた一冊です。
 だから、絵本だからといって子どもだけのものではなく、今も悲しみの中にいる大人の人にも読んでもらいたい作品です。

 絵本はお葬式の場面から始まります。
 亡くなったのは、まだ若いママ。パパと男の子が残されます。
 ママが丹精込めた庭で、一人ぼっちでいる男の子に、一頭の大きなゴリラが近づいてきます。
 男の子はゴリラに「ぼくのママ、しんだんだよ」と話しかけます。ゴリラは「そうだね、しってるよ」と返します。
 こうして、男の子とゴリラの対話が始まります。
 ゴリラは男の子の心のなかにいるのでしょう。
 なので、ゴリラとの対話は男の子自身との向き合いです。
 男の子はこうしてママを亡くした悲しみと戦っていたのでしょう。
 ある時、男の子は部屋で泣いているパパを見つけます。
 「ママにあいたい。」という男の子と抱き合うパパ。
 そんな二人をゴリラは大きな体で包み込んであげるのです。
 この時を境にして、男の子とパパはママの喪失の悲しみを共有しあうようになります。

 男の子にとっての「悲しみのゴリラ」はやがていなくなります。
 ママを亡くした悲しみは決して去らないでしょうが、パパと悲しみを共有することで男の子は前を向くことができました。
 夕焼けの中を去っていくゴリラはもう「悲しみのゴリラ」ではないのかもしれません。
(夏の雨さん 60代・パパ )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,650円
1,650円
682円
1,650円
1,430円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

528円
385円
385円
528円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

悲しみのゴリラ

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 1
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 6
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら