話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

宮沢賢治の絵本 オツベルと象

宮沢賢治の絵本 オツベルと象

  • 絵本
作: 宮沢 賢治
絵: 荒井 良二
出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,980

【重要】取り寄せのお届け日について
  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2007年10月
ISBN: 9784895881555

出版社のおすすめ年齢:6歳〜
カバー付き・26×25cm

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


「宮沢賢治の絵本」シリーズ  とことん語ろう!座談会


「宮沢賢治の絵本」シリーズ  とことん語ろう!座談会


宮沢賢治の絵本アワード2015


【結果発表】宮沢賢治絵本シリーズ レビュー大募集!


編集者松田素子さんインタビュー

出版社からの紹介

続きを読む
宮沢賢治の絵本 オツベルと象

ベストレビュー

意外な展開

作者の作品は知ってるつもりだったけど、実際は全然知らなかった。
あまりに有名で自分も知ってる気になってたらしい・・・

読み始め、きっとハッピーエンドと思いながら進める。
ん、なんか様子が変わってきたぞ・・

人の都合のいい勝手な思い、欲望
象の好意を逆手にとる悪知恵はたらく、あくどさ
いつの時代もこんな人間っているもんだなあと悲しくなる
人間と動物、あらゆるもの(全ての生き物、自然など)が助け合い共存できる世界を作者は願っていたと聞いた事がある。
この作品に限らず宮沢賢治の作品にはそんな思いがこめられているという。
欲張りにはバチがあたるものだ。

ぱっと見の絵も目を引くが、わりと長い話の中で
1日の終わりにつぶやく象の言葉がなんだかしみる
(ねーねーさん 30代・ママ 女の子13歳、女の子12歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,980円
1,650円
1,870円
660円
748円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

638円
32,450円
4,950円
275円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

宮沢賢治の絵本 オツベルと象

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.22

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら