新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

紙芝居 おににさらわれたあねこ

紙芝居 おににさらわれたあねこ

作: 水谷章三
絵: 須々木博
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥2,420

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1982年10月
ISBN: 9784494077496

出版社のおすすめ年齢:3・4・5歳〜
B4判・26.5×38.2cm・16場面

出版社からの紹介

みなしごの姉と弟が山へ栗ひろいにいきました。そこで姉は鬼につかまり、
弟も姉をさがしているうちに、鬼につかまりました。

ベストレビュー

そりゃ、鬼も笑うわなぁ。と、思いました。

「日本民話かみしばい選・おばけがいっぱい」シリーズです。
どこの民話なのかそれは書いてありませんでした。
全体的なストーリーの流れは、「三枚のお札」っぽいです。
始めに栗ひろいをしているところとか、食べ物を使って競い合うところとか、追ってきた鬼が沼の水を飲み干そうとしてしまうところとか…。
でも、「三枚のお札」と大きく違うところは、ラストシーンです。
姉弟(きょうだい)は何とか鬼の屋敷から逃げ出しますが、追いかけられて、あわやというとき、
 おにに むかって、
 さっと おしりを つきだして、
 「ぺんぺん ぺたぺた ぺったんこ」
 と、たたいてみせた。
 すると、おとうとも まねをして、……

という展開になるところです。
そりゃ、鬼も笑うわなぁ。と、思いました。
前半は、急に姉がいなくなってしまったり、怖い鬼が登場して、ドキドキする物語なのに、最後のオチは面白かったです。
小学校中学年くらいからお薦めします。
(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子24歳、女の子19歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

935円
1,320円
1,540円
7,480円
1,210円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

440円
440円
440円
2,200円

出版社おすすめ

  • こどもべやのよる
    こどもべやのよるの試し読みができます!
    こどもべやのよる
    出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
    岩波の子どもの本 最新刊。こどもべやに夜がきました。せかいじゅうで、おきているのは、いっちゃんだけ。



人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

紙芝居 おににさらわれたあねこ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら