新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
ジロッ

ジロッ

  • 絵本
文: おおなり 修司
絵: たけがみ たえ
出版社: 絵本館 絵本館の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2022年01月
ISBN: 9784871104678

出版社のおすすめ年齢:3・4・5歳〜
32頁 270×207mm

みどころ

野原にカエルが一匹、ぴょこん。
『ジロッ』とにらんで、サナギを『パクッ』。
まんぷく、お昼寝『ケロケロスー』。
そしたらこんどは、ヘビが『ジロッ』!

擬音語だけで描かれる、カエルを襲った大事件!!

ヘビに追われて崖から落っこち、あわやと思えば、まさかのペリカン!? 空中でパクリと丸呑みされて、それでも終わらぬ大騒ぎ!

擬音語だけで描かれる物語はテンポがよく、次々におそいくる意外なできごとも相まって、その目まぐるしさに思わず笑ってしまいます。

主人公のカエルは、寝息が『ケロケロスー』!? 崖から落ちれば、悲鳴は『ケーロー』! ときおり発せられる独特の擬音語で、おかしさ、可愛さ、さらにマシマシ!

初めの『ジロッ』と終盤の『ジロッ』で、同じ擬音なのに印象がまるっきりちがうのも、おもしろいところ。カエルがそれぞれなにを思って『ジロッ』としているのか考えると、かわいそうだけど、やっぱりおかしい!

『ジロッ』ではじまり『ジロッ』で終わる、にぎやかな一瞬の大冒険!

(堀井拓馬  小説家)

出版社からの紹介

Kotobanist(ことばの達人)おおなり修司 と
Mokuhanger(木版画作家)たけがみたえ の
初コラボ作品!

ジロッっと見たり見られたり、パクッと食べたり食べられたり。
ヘビやペリカン入り乱れ、上を下への大騒ぎ!
さあさあカエルの運命やいかに!!

ベストレビュー

ハラハラドキドキ

たけがみたえさんのカラフルでインパクトのあるイラストに惹かれ、手に取りました。
「ジロッ」「パクッ」などの擬音語や表情でハラハラドキドキさせられる展開。躍動感をめいいっぱい感じられます。文章がないからこそなのかもしれないですね。
木版画の温もりに春の暖かさを感じました。かえるがケーローと落ちていくのもかわいいです。
(クッチーナママさん 40代・ママ 女の子18歳、女の子15歳、男の子13歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

3,960円
1,540円
1,650円
2,200円
1,100円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

9,900円
1,980円
1,760円
4,730円

出版社おすすめ




ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

ジロッ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら