新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

ぞうになったうそ

ぞうになったうそ

  • 絵本
作: ティエリー・ロブレヒト
絵: エステル・メーンス
訳: ふしみ みさを
出版社: パイ インターナショナル パイ インターナショナルの特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2022年03月24日
ISBN: 9784756254825

220mm×220mm 32ページ

出版社からの紹介

うそをついたらどんな気持ちになるの?
子どもの心のひだによりそい、ユーモラスに表現したベルギーの人気絵本。

ついお父さんについてしまった小さなうそ。そのうそがどんどん大きくなっていって、ついには……。 うそをつくとどんな気持ちになるのか、どんなことが心の中で起きるのかをユーモラスに表現したベルギーの人気絵本。説明することがむずかしい、うそが引き起こす心の苦しさ、葛藤を、物語を通じて伝えます。

ベストレビュー

ウソをついて大きくなったのは?

タイトルからして、2通りのゾウが想定されました。
どこかで、断ち切らなければ、ウソを上塗りで収拾がつかなくなるウソ。
時間とともに大きくなっていく罪悪感。
答えを出してしまったらネタバレになるのですが、この本を読んで2つのポイントを感じました。
リュカが本当の事を言えなかったのは、父親の激しい剣幕のせいではなかったでしょうか。
怒ることと叱ることの違いに思い至りました。DVにつながるような感情爆発は子どもを萎縮させます。
リュカが妹に罪をなすりつけたことに対する良心の呵責を持たなければ、兄妹関係は溝を深めるだけだったでしょう。
良心の存在する家族関係があるからこそ、ゾウは大きくなっていくのでしょう。

親としては、こういう事を考えなければ、道徳観念の押しつけになるような気がしました。

偉そうに読み聞かせしてはいけないですね。
(ヒラP21さん 70代以上・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,540円
2,200円
1,320円
990円
1,540円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

528円
440円
880円
2,860円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

ぞうになったうそ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら