新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
ハリー・ポッター(6) ハリー・ポッターと謎のプリンス

ハリー・ポッター(6) ハリー・ポッターと謎のプリンス

  • 児童書
作: J.K.ローリング
訳: 松岡 佑子
出版社: 静山社 静山社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥5,060

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2006年05月
ISBN: 9784915512575

A5判/上・下2巻セット
上巻496頁、下巻512頁

関連するスペシャルコンテンツ


翻訳者 松岡佑子さんにインタビューしました!

みどころ

ヴォルデモートの復活のせいで、夏だというのに国中に冷たい霧が立ち込めていた。そんな中を、ダーズリーの家にダンブルドアがやって来るという。いったい何のために? ホグワーツ校では、思いもかけない人物が「闇の魔術に対する防衛術」の新しい先生となり、授業を受け持つことになった。ハリーはというと、突然「魔法薬」 の才能を発揮する。授業はますます難しくなるが、ホグワーツの6年生は青春真っ只中。 ハリーには新しい恋人が現われ、ロンとハーマイオニーは仲たがいする。しかし、ドラコ・マルフォイだけは不可解な行動をとる。最後に起こる衝撃のどんでん返し。そして悲しい別れ。17年前の予言は、ハリーとヴォルデモートとの対決を避けられないものにした。過酷な運命に立ち向かう16歳のハリー、物語は第7巻の最終章へともつれこむ。

ベストレビュー

終盤に向かいます。

ハリーポッターシリーズ、20年ほど前に流行りましたよね。
私自身も「賢者の石」の映画を見に行ったり、友達もこちらのシリーズ本にはまったりしていました。
こちらはもう6巻(4巻からは上下巻です)、物語も終盤に向かっています。
かなり長く細かい描写なので、小学生にはなかなか難しいかも!?
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子10歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,320円
2,530円
990円
1,540円
1,320円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,650円
440円
1,210円
550円

出版社おすすめ

  • どひょー
    どひょー
    出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    おすもうさんは おどろいた どひょうが いなくなっちゃった! どこいったぁ〜?



いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

ハリー・ポッター(6) ハリー・ポッターと謎のプリンス

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら