新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
ほーら、大きくなったでしょ (2) こねこ

ほーら、大きくなったでしょ (2) こねこ

  • 絵本
作: アンジェラ・ロイストン
写真: ジェーン・バートン
訳: 山口 文生
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,210

【重要】取り寄せのお届け日について
  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1992年09月
ISBN: 9784566005570

20.7X20.4cm/20ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

生まれたばかりで、びしょぬれのぼく。目も見えないし、耳もきこえない。すぐにママがなめて、かわかしてくれた…。生まれたてから一人前に成長するまでの様子を、カラフルな写真と動物たちのゆかいなおしゃべりで楽しく紹介。小さい生命へのやさしい心を育てる、動物写真絵本。

ベストレビュー

ねこはやっぱりかわいい

生まれたて1日目〜10週間までの、猫の成長を記録した写真絵本。

1992年刊行。原書:1991年。
猫を育てたことがあるので、懐かしい思い出も一緒に楽しんだ。生まれてすぐの猫と、少し大きくなった子猫は、まるで別の生き物のよう。成長すると赤ちゃんの顔や体つきが、しっかり大人の顔と体になるとわかる。

短い文章に、たくさんの素敵なものが込められている。
猫がはいはいして、床の匂いを嗅いでいる様子や、兄弟と喧嘩ごっこをしたり、いろんな体験をする様子が生き生きと伝わってくる。生きることの大変さと喜びが、ユーモアとともに伝わる。

猫は一度に何匹か一緒に生まれてくる。兄弟がたくさんいて、わいわいにぎやかに子育てする様子が楽しい。
一緒に育つと仲良くしているが、途中から一緒に暮らすとうまくいかなかったりする。猫も人間と同じような、関係の問題があるらしい。
本書では10か月までの成長記録だから、これから先の長い猫の生涯の、あれこれを読者が想像する楽しみもある。
幸せになって欲しいなあ。

猫と一緒に暮らすのは、いろいろと大変なこともあるが、楽しいことの方が多かった。また一緒に暮らしたくなった。
(渡”邉恵’里’さん 40代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,430円
2,640円
1,540円
1,100円
2,200円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

880円
1,100円
550円
1,320円

出版社おすすめ




いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

ほーら、大きくなったでしょ (2) こねこ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら