話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ほーら、大きくなったでしょ (9) ちょう

ほーら、大きくなったでしょ (9) ちょう

  • 絵本
作: メアリー・リング
写真: キム・テイラー
訳: 山口 文生
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,210

【重要】取り寄せのお届け日について
  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1994年03月
ISBN: 9784566005648

20.7X20.4cm/20ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ケムシから脱皮をして、イモムシに、そしてサナギになって、さいごはママのように、きれいなチョウになったわ!生まれたてから一人前に成長するまでの様子を、カラフルな写真と動物たちのゆかいなおしゃべりで楽しく紹介。小さい生命へのやさしい心を育てる、動物写真絵本。

ベストレビュー

別の生き物になった

昆虫の蝶が、卵から孵化して、大人の蝶になるまでの過程を写真で紹介した絵本。

1994年刊行。原書:1992年。
田舎で青虫や蝶、蚕などを育てたり、その辺で見かけたりしたことがあるが、こんなに丁寧に観察したのは初めて。
昆虫が成長するにつけて、どんどん体が変わっていくことを知ってはいたが、改めて見ていくと、最初と最後では別の生き物になったと思われるほどの大変化。
イモムシ時代でも、最初の小さいころと、大きくなった後と、さなぎの直前で、色も形も全然違う。大人になると空を飛んで、食べるものも違う。こんなに変わっていくのに、同じ生き物だという不思議。

イモムシが、手が6本、足が10本もある。
成虫は手足が6本。
体の色や形も全然違って、本人はどう感じているのだろうか?脱皮したり、いろいろやることも多くてなかなか大変。
イモムシがたくさんの手足を使って、植物にしがみついたり
、草をむしゃむしゃ食べている様子がかわいい。
案外、虫がかわいいことがわかった。

虫が好きではない人にはお勧めしないけど、生き物のダイナミックな成長や、不思議さが味わえる素敵な絵本。

(渡”邉恵’里’さん 40代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,430円
990円
1,980円
924円
1,089円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

550円
550円
1,760円
1,100円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

ほーら、大きくなったでしょ (9) ちょう

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら