話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
どうぶつのわかっていること・わかっていないこと

どうぶつのわかっていること・わかっていないこと(小学館集英社プロダクション)

『世界一受けたい授業』で紹介!京大の動物博士監修の「答えのない問いに向き合う力」を育てる新感覚の絵本

  • 学べる
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
やっぱりハロウィン

やっぱりハロウィン

  • 絵本
作: 中川 ひろたか
絵: 村上 康成
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

絵本ナビ在庫 残り5

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2023年09月04日
ISBN: 9784494015924

出版社のおすすめ年齢:3・4・5歳〜
207mm×222mm 32ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

続きを読む

ベストレビュー

この絵本よまなきゃ、いたずらするぞぉ

中川ひろたかさんが文を書いて、村上康成さんが絵を描いている
 人気シリーズ「ピーマン村のおともだち」の一冊、
 『やっぱりハロウィン』です。
 2023年8月に出ました。

 「みなさん、ハロウィンってしってますか?」
 園のひろみ先生の一声から、この絵本は始まります。
 先生の提案で子どもたちは変装をしてきました。
 怪獣やドラキュラ、悪魔、ひろみ先生は魔女。
 さあ、町にでましょう。
 「おかしをくれなきゃ、いたずらするぞぉ」
 子どもたちの元気な声が響きます。
 最後は園長先生の部屋に行くのですが、
 園長先生は子どもたちの相手をしてくれません。
 そこで、ひろみ先生と子どもたちは園長先生にいたずらをしかけます。
 子どもたちのいたずらがこの絵本の後半で楽しめます。

 最初、「ああいうの、すきじゃあありません」と言っていた園長先生も
 おしまいには「やっぱりハロウィンはたのしいです」ってなってしまうのですから、
 子どもだけでなく大人も楽しめるハロウィンです。
(夏の雨さん 60代・パパ )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,650円
1,100円
1,650円
1,500円
1,540円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

990円
440円
1,760円
1,200円

出版社おすすめ




ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

やっぱりハロウィン

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら