話題
どうぶつのわかっていること・わかっていないこと

どうぶつのわかっていること・わかっていないこと(小学館集英社プロダクション)

『世界一受けたい授業』で紹介!京大の動物博士監修の「答えのない問いに向き合う力」を育てる新感覚の絵本

  • 学べる
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
ランドセルがやってきた
プラチナブックメダル

『 ランドセルがやってきた 』 は
「絵本ナビ プラチナブック」です。

絵本ナビ人気ランキング上位の絵本として選ばれています。

ランドセルがやってきた

  • 絵本
作: 中川 ひろたか
絵: 村上 康成
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

絵本クラブ
発行日: 2009年01月
ISBN: 9784198626624

出版社のおすすめ年齢:5歳〜

みどころ

続きを読む
ランドセルがやってきた

出版社からの紹介

ある日、うみひこくんが、ようちえんから帰ってくると、おじいちゃんから、大きなはこがとどいていました。
あけてみると…青いランドセル! かっこいい! さっそく、ランドセルをしょって、外に出たら…? 
「ピーマン村の絵本たち」で大人気の、中川ひろたか・村上康成のコンビが贈る、春にぴったりの絵本。
初めてランドセルを手にしたときの、わくわくした気持ちが、あざやかに伝わってきます。
新一年生へのプレゼントにも最適!

ベストレビュー

年長さんにピッタリです☆

タイトルを見て、来春小学校に入学する次女にピッタリ!と思い、我が家にもランドセルが届いたそのタイミングで読んであげました。

大きな箱を開封する時の親子そろってのわくわく感は、感慨深いものがありますね。おじいちゃんおばあちゃんからのプレゼントという子も大勢いることでしょう。その大きな箱にはこれからの未来とまわりの愛情がたっぷり詰まっていて、「ランドセルがやってきた日」というのは、どの子にとっても特別な日になるのでしょうね。

背負ってみるランドセルの大きさや、さっそくランドセルにあれこれ詰めてみるところ、ランドセルのふたが開いちゃうところ…、どれも「あるある…」と微笑ましくなってしまいます。近所の大人たちの優しさや、たけしくんがおじいちゃんにお礼の電話をするところなど、ほっこりと幸せな気持ちになります。

1年生になるすべての子どもたちが、うみひこくんのように愛情に囲まれて楽しく入学できますように☆
(ouchijikanさん 40代・ママ )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,760円
1,100円
1,100円
1,518円
1,650円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

440円
715円
440円
990円

出版社おすすめ




編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

ランドセルがやってきた

みんなの声(58人)

絵本の評価(4.66

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら