新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
ないた にわとり
  • 全ページためしよみ作品は送料無料

ないた にわとり

  • 絵本
作・絵: スズキトモコ
出版社: ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,408

絵本ナビ在庫 残り6

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2024年03月23日
ISBN: 9784564019401

出版社のおすすめ年齢:3・4・5歳〜
270mm×210mm 28ページ

出版社からの紹介

歌が自慢でうぬぼれ屋のにわとりは、人気者の美しいバラと毎日ケンカばかり。
そんなある日、バラは切られてしまいます。
静まりかえった庭で喪失と悲しみを知ったにわとりが見たものは……

第一線で活躍するイラストレーターの初のオリジナル絵本。
レトロでカラフルな絵が印象的です。

ベストレビュー

はじめて きがつきました

イラストレーターによる作品という事で、
個性的な造形と配色が印象的です。
題名も存外に意味深です。
自惚れ屋のにわとりが主人公。
なるほど、鮮やかな色のトサカがあれば、さもありなん。
となれば、対抗する赤色の、バラの花。
おじいさんの庭にいる者同士、喧嘩というのも、ね。
あっけなく家に連れていかれたバラの花。
その後の展開は何とも教訓的な味わいです。
失って初めて知る美しさ。
泣いて、鳴いて。
どちらも、素敵な気づきを得られたようですね。
そっと描かれた、後日談のラストの絵が素敵な余韻です。
(レイラさん 50代・ママ 男の子30歳、男の子28歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,760円
1,320円
1,430円
2,420円
2,090円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

3,300円
550円
3,850円
440円

出版社おすすめ




えほん新定番 from 好書好日 新井洋行さん

ないた にわとり

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら