話題
たべもののまちABCity

たべもののまちABCity(小学館集英社プロダクション)

A〜Zのたべものでできた世界で一番おいしそうな街。おいしくてかわいい、ふしぎな街を一緒に探検しよう!

  • かわいい
  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
わたしを 描く

わたしを 描く

  • 絵本
作: 曹 文軒
絵: スージー・リー
訳: 申 明浩 広松 由希子
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,980

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2024年03月05日
ISBN: 9784251099723

出版社のおすすめ年齢:高学年〜
310mm×210mm 42ページ

出版社からの紹介

ウロは小さいころから絵を描くことが大好き。はじめて自画像に挑戦する時に選んだのは、亡くなった高名な画家が生前に発注したという雨露麻のキャンバス。ウロは自分の名前と同じキャンバスに絵を必死に描きつづけました。けれど、完成したと思ったら不可解な現象が!? ウロはもがき、苦しみながら何度も絵を描き直します。自分と向き合い成長する少女の物語! ボローニャ・ラガッツィ賞フィクションの部優秀賞受賞作!

わたしを 描く

わたしを 描く

わたしを 描く

わたしを 描く

ベストレビュー

初心?

スージー・リーさんの絵という事でセレクトしましたが、
作は中国の方、しかもなかなか重厚な展開です。
主人公はウロという女の子。
絵を描くのが好きで、両親もしっかりと応援。
自画像を描くために、画材店で探し当てたのが、雨露(うろ)の麻というのが、何とも運命的です。
ところが、いざ、キャンバスに貼り、描いてみると不思議なことが。
なかなか暗示的です。
ウロや両親も狼狽するさまが切ないです。
画材の由来が因縁的だったから?
いえ、何かを訴えていたととらえたいです。
そう、初心?でしょうか。
絵の本質を体感した心持ちです。
(レイラさん 50代・ママ 男の子30歳、男の子28歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,980円
2,640円
1,760円
2,530円
1,540円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

3,300円
2,200円
3,300円
3,300円

出版社おすすめ




編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

わたしを 描く

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

ママの声 1人

ママの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら