話題
どうぶつのわかっていること・わかっていないこと

どうぶつのわかっていること・わかっていないこと(小学館集英社プロダクション)

『世界一受けたい授業』で紹介!京大の動物博士監修の「答えのない問いに向き合う力」を育てる新感覚の絵本

  • 学べる
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
カバサンチとアドバルーン
  • 全ページためしよみ作品は送料無料

カバサンチとアドバルーン

  • 絵本
作・絵: 阿部 行夫
出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2009年03月
ISBN: 9784894236257

32頁

関連するスペシャルコンテンツ


阿部行夫さんにインタビューしました!

みどころ

続きを読む
カバサンチとアドバルーン

出版社からの紹介

コビトカバのトトは、家族仲良くくらしていました。ところが、ある日嵐で家が飛ばされ、海の上へ…。家族大好き一家のほのぼの絵本。

続きを読む

ベストレビュー

かわいいカバサンチ

コビトカバの家族「カバサンチ」は、森の峠の雑貨屋さんでした。
所狭しと、いろんな雑貨で溢れかえっています。
でも、峠の下に大きな道路が出来てから、
お客さんが、来てくれなくなったのです。
そこで、大きなバルーンで看板を作ったところ・・・

大きな災難が、次から次へとカバサンチを襲います。
こちらは、ハラハラどきどきだけど、
カバパパとカバママは、少しもあわてません。
どっしりと構えているから、
子ども達も、ぜんぜん不安がらないのでしょうね。

けがをしたカツオドリを、家族みんなで看病するシーンは、
とても素敵な家族だな〜と思いました。

カツオドリさんも、助けてもらった恩を忘れず、
カバサンチのピンチを助けたシーンは、
(それも、トトに教えてもらったあやとりで!)
素晴らしいと思いました。

作者の阿部行夫さんは、アニメーションの美術監督をされているそうで、
納得のえほんです。
繊細な線で描かれた動物達の生き生きとした表情がとてもいいですね。
特に、黄色くて大きなカバサンチバルーンが、
メッチャ可愛くて大好きです。

カバサンチの活躍が、アニメ映画になったらいいのにな〜。
(多夢さん 40代・ママ 女の子9歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

693円
1,760円
1,650円
1,760円
1,650円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

550円
495円
2,750円
1,100円

出版社おすすめ




絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

カバサンチとアドバルーン

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.71

何歳のお子さんに読んだ?

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら